気がつけば3000万円オーバー? あの時買っておけばよかった平成国産中古スポーツカー5選 (1/2ページ)

気がつけば3000万円オーバー? あの時買っておけばよかった平成国産中古スポーツカー5選

憧れの国産スポーツを手に入れたい!

 あの頃どうしても乗りたかった国産スポーツカーを、経済的に余裕が持てるようになった今こそ手に入れたい。だが現在平成生まれのモデルはいずれも価格が高騰中。購入するためのノウハウを自動車ライターである近藤暁史が伝授する!

初出:CARトップ2021年6月号

日産スカイラインGT-R中古車相場:300万~1600万円(R32)/360万~1700万円(R33)/1280万~3480万円(R34)

 ネットなどでも話題になっているように、価格異常高騰の筆頭格と言えば、第2世代のGT-Rだ。R32やR34はもちろんのこと、これまで人気薄だったR33までも高値となっている。まずは予算が出せるかが最大の問題となるだろうが、価格が高いからコンディションがいいというわけではない。

【関連記事】「バナナテール」は5本! トヨタ「セリカLB」は大型レジャー用品も積載できるアウトドア対応のスポーツカーだった

国産スポーツカーの中古車事情画像はこちら 便乗的な高額プライスも見受けられるので信用できる専門ショップで買うことをオススメする。エンジンをはじめ、基本的には丈夫なクルマなので、メンテ履歴がしっかりしたものを選ぶのが鉄則だ。

 

ホンダNSX(NA1/2)中古車相場:460万~2500万円

 日本初のスーパーカーだけにもともとの価格は高いものの、タイプTやタイプRといったスペシャルグレード以外の標準グレードなら1000万円以内で購入が可能だ。もちろんコンディションがいいと価格は高くなるが、世界が驚愕したオールアルミ製のボディは無敵の剛性を誇るので劣化はほぼないし、約30年を経た今でもそれは変わらず。国産スポーツカーの中古車事情画像はこちら

 ただしゴム類などは保管方法で差が出やすいのが特徴だ。流通台数は少ないが1997年以降の車両だと完成度も高く安心して乗れる。

マツダRX-7(FD3S)中古車相場:230万~700万円

 発売期間が長かったこともあり、現在でも見かけるFD型のRX-7。1999年からの後期型は完成度が高いので予算に余裕があればオススメだ。逆に初期型は流通台数こそ多いが、コンディションやパーツの問題で避けたい。国産スポーツカーの中古車事情画像はこちら 狙いめは中期型で300万円前後が相場だ。もちろんできるだけコンディションがいいものを買うに越したことはないが、ロータリーはそれなりにメンテが必要だし、それでもトラブルが出ることを前提と考えたほうがいいだろう。