気がつけば3000万円オーバー? あの時買っておけばよかった平成国産中古スポーツカー5選 (2/2ページ)

トヨタ・スープラ(A80) 中古車相場:220万~800万円

 映画の影響もあってアメリカへの流出が続くのが80系スープラだ。ロングノーズ&ショートデッキのスタイルに直6ツインターボのFR。時代を先取りしたゲトラグ製6速MTなど、独自の魅力が満載なだけに高い人気を維持している。

【関連記事】車名につく「RS」の意味とは? 「レンシュポルト」や「ロードセーリング」などメーカーによって異なる「RS」でも共通することとは

国産スポーツカーの中古車事情画像はこちら ただ改造車や修復歴車が多いので、コンディションのいいタマはかなり少ない。部品の供給もかなり悪化していて維持も大変だ。買うなら値段が高くても手間のかからないコンディションのいいものを選ぶこと。予算的には500万円〜ぐらいだ。

スバル・アルシオーネSVX中古車相場:90万~250万円

 ちょっと前までは部品の供給が良好で維持しやすかったのだが、一転して製造中止が増えている。部品は専用品が多いのがネックとなるので、購入したあとのメンテを考慮すると専門店で購入したほうがいいだろう。国産スポーツカーの中古車事情画像はこちら 部品の流用なども駆使して現状であればなんとか維持することは可能だ。車両価格についても以前よりも高くはなっているとはいえ、下は100万円ぐらいから上は250万円程度で推移しているなどこなれているのが特徴で、楽しみやすい車種である。