1千万円級の個体も出現! 中古価格高騰の波はついに「FD3S RX-7」までも襲った (1/2ページ)

1千万円級の個体も出現! 中古価格高騰の波はついに「FD3S RX-7」までも襲った

三代で消えてしまったマツダRX-7 いままた急騰!人気の秘密

 このところマツダのRX-7、とくに三代目のFD3Sの人気が高まってきている。

 マツダのピュアスポーツモデルであるRX-7、ロータリーエンジン車のモータースポーツでの活躍や、人気マンガなどの影響もあり、特定のファンには根強く愛されてきたクルマだが、ここ1年の中古車価格の値上がりぶりはちょっとすごい。そこには何があるのだろうか。

ほぼ20年落ちだが380万円ほどの平均相場

 中古車市場での価格は2018年1月から比べると、なんと80%以上の値上がり率となっており、三代目RX-7「FD3S」型の平均相場はいまやざっと380万円。最終モデルの限定車「スピリットR」となると、1千万円クラスの個体も見かけるようになってきた!

【関連記事】どうして市販しなかったの? 幻の「国産ミッドシップスーパーカー」4選

RX-7「スピリットR」

 正直なところ、程度のいい中古車のタマ数はどんどん減ってきているというのに、なぜこんなに人気が高まってきているのか?

 まずは、ここ1年の動きでいうと、RX-7やスポーツカーに限らず、乗用車全体の中古車価格が上がってきていることが言える。コロナ禍でステイホームが続き、クルマに乗る機会が増えたことと、合わせてクルマのことを考えたり、調べたりする時間ができたであろうことが影響していると思われる。

 また新型コロナの蔓延仕事やライフスタイルにも影響があり、価値観を見直す人も増え『やれるときに、やりたいことをやっておこう』という気運が高まったこともあるだろう。三代目RX-7「FD3S」コクピット

 そうした中、FDに興味を持っていた人たちが、「FDに乗るなら、いまが最後のチャンスしかない」と考え出した節もある。

画像ギャラリー