クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「旧車はこんなもんです」って言葉にダマされ2年は恐怖の連続! 旧車ビギナーがS30型フェアレディZで味わった地獄と天国
CLASSIC
share:

「旧車はこんなもんです」って言葉にダマされ2年は恐怖の連続! 旧車ビギナーがS30型フェアレディZで味わった地獄と天国

投稿日:

TEXT: 高桑秀典(TAKAKUWA Hidenori)  PHOTO: Auto Messe Web編集部 竹内耕太

  • 1972年式S30型ZはFさんの14年来の愛車
  • ホイールは「スターロード」のグロースター、タイヤはADVAN HF TYPE-D
  • ホイールは「スターロード」のグロースター、タイヤはADVAN HF TYPE-D
  • マフラーもスターロード製
  • エンジンはL28型に換装している
  • コックピットにはダットサンコンペステアリングのレプリカ
  • シートはレカロのSPGとSR
  • 4点式ロールケージとストラットタワーバー
  • きちんと整備してくれるショップと出会ったことで快適な旧車ライフを楽しむことができている
  • Fさんの自宅はビルトインガレージを備えている

S30型Zを所有して14年、かかったお金は700万円

 とある出版社に勤務しているFさん(53歳)は、根っからのスポーツカー好きだ。21歳のときにZ31型「日産フェアレディZ」を買い、その後、FC3S型「マツダ・サバンナRX-7」、「ポルシェ911SC」、「スバル・レガシィ」、R33型「日産スカイラインGT-R」に乗りかえ、2008年5月に、現在も愛用している1972年式のS30型「日産フェアレディZ」を手に入れた。

愛車はビルトインガレージで大切に保管

 現在、S30型Zをビルトインガレージ内にて保管しているが、自邸を建てたのは2004年11月のことだ。このときの愛機はR33型GT-Rだった。以前、F邸にお邪魔した際に「S30型Zを収納するためのガレージとしては大きいな」と思ったが、その第一印象は間違っていなかった。愛機が小さくなったので、空いたスペースに、タイヤラック、収納棚、排気ガス排出装置などを置いている。

Fさんの自宅はビルトインガレージを備えている

「S30型Zは、とにかく乗っていて楽しいです。キャブ車ならではの特性だといえますが、その日の天候によってクルマのコンディションが異なることもあり、毎回、愛車と対話している感じです。一体感とも呼べそうな、その感覚がたまりませんね。そして、周囲の人々からとにかく見られる点も楽しいです。アニメやテレビゲームにも登場しているクルマなので、大人はもちろん、子どもたちまで憧れ(?)のまなざしでコチラを見てきます」

1972年式S30型ZはFさんの14年来の愛車

自分好みにカスタマイズとチューニングを楽しむ

 そう話してくれたFさんによると、S30型Zは所有14年で、かかった費用は700万円ぐらいとのこと。その内訳は、車両本体価格が200万円で、修理、メンテナンス、チューニング代が合計で約500万円なのだという。

 モディファイ箇所を列記すると、下記のようなことになる。まずはエンジンから。L20→L28(公認)、ソレックス44φキャブ、ラジエター3層仕様、L28用マロリーデスビ、砲弾タイプのスターロード製オリジナルマフラーという内容だ。

エンジンはL28型に換装している

 続いて、足まわり。こちらは、ホイール/タイヤがスターロードオリジナルのグロースター+横浜ゴムADVAN HF TYPE-D、スターロードオリジナル前後車高調整キット、R32型スカイラインタイプM用フロントブレーキキャリパーという概要となる。

ホイールは「スターロード」のグロースター、タイヤはADVAN HF TYPE-D

 外装は、オーバーフェンダー(フロント/リヤ)、スターロードオリジナルカーボンドアミラー、フロントスポイラー、リヤスポイラー、S130Z用ダクト加工ボンネット。内装は、レカロシートSPG&SR、4点式ロールケージ、リヤに亀有ストラットタワーバー、ダットサンコンペハンドル(レプリカ)というあらましだ。

マフラーもスターロード製

12

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS