「旧車はこんなもんです」って言葉にダマされ2年は恐怖の連続! 旧車ビギナーがS30型フェアレディZで味わった地獄と天国 (2/2ページ)

最初の店でハズレを引いて茨の道まっしぐら

 細部に至るまでモディファイしており、文字にすると楽しそうにみえるが、苦労してきたことがたくさんあるという。Fさんの場合、なんと初めの第一歩であるショップ選びがダメだったらしい。この場合のショップは、しっかりメンテナンスできるお店ということになるが、S30型Zを買ったショップがいわゆる「売りっぱなし系」で、当時、旧車ビギナーだったFさんには茨の道まっしぐらのパターンだったそうだ。

【関連記事】戦争長期化のロシアで懐かしすぎる「国民車」がまさかの復活!? 旧ソ連時代のコンパクトカー「モスクヴィッチ」とは

ホイールは「スターロード」のグロースター、タイヤはADVAN HF TYPE-D画像はこちら

「S30型Zを購入してからの約2年間のドライブは、楽しさではなく、まさに不安と恐怖でした。エンジンが吹き上がらないし、つねにストール気味……。電装系がすぐ壊れて、ウインカーやヘッドライトが点灯しないし、ドアロックも作動しませんでした。そんな状態だったので、なんとか走れていても、いつ止まるか分からないといった不安で、長距離も走れず、エンジンの調子によっては信号待ちで立往生するのではないかと、毎回、冷や汗をかきながらの運転でした」

コックピットにはダットサンコンペステアリングのレプリカ画像はこちら

思い切ってプロショップに相談したら一気に悩みが解消

「当初、購入したショップに何度か相談しましたが、“旧車はこんなもんです”のひと言で、どうにもなりませんでした。ほかの専門店に相談しようと考えましたが、他店で購入したクルマを見てくれるのだろうか? もし見てくれたとしても、相当な工賃をとられるのではないか? などと思っていました。旧車プロショップ独特の一見さんお断り的な雰囲気は強敵で、旧車ビギナーだった私は気軽に声をかけることができませんでした」

シートはレカロのSPGとSR画像はこちら

 しかし、そのままでは負担以外の何物でもないので、Fさんは意を決して、日産旧車のスペシャルショップ「スターロード」に相談。はじめの心配とは裏腹に、とても親身になって相談に乗ってもらえて、その後の旧車ライフは快適に送ることができているそうだ。

 ちなみに、スターロードで本格的にメンテナンスしてもらう前、どこが悪いのかをチェックしてもらった際に「よくこんな状態で乗っていたねぇ~」と言われたらしい。そう、「旧車はこんなものです」は大間違いだったのだ。

4点式ロールケージとストラットタワーバー画像はこちら

信頼できるショップ選びこそ旧車ライフのカギ

「私のS30型Zを見事に生き返らせてくれたプロショップで最初から購入していれば、このような苦労はなかったはず。やはり旧車ライフは、自らメンテナンスができる方以外は、ショップ選びが重要だと痛感しました。純正パーツが無くなりつつありますが、代用品が数多くあるので、純正にこだわらなければまったく問題なし。いま苦労していることは夏場の運転ぐらいですかね」

 たくさん苦労し、出費も多かったが、ちゃんと走る愛機を得ることができたFさんのZライフは、新しい日産フェアレディZの登場も追い風となり、これからますます充実したものになるはずだ。

きちんと整備してくれるショップと出会ったことで快適な旧車ライフを楽しむことができている画像はこちら