70年代車のオーラは半端ない! 旧車祭りでギラギラに輝いていた4台の「サバンナ」「スカG」「240Z」 (1/2ページ)

70年代車のオーラは半端ない! 旧車祭りでギラギラに輝いていた4台の「サバンナ」「スカG」「240Z」

当時若者たちを虜にした’70年代国産旧車をレポート

 昨年11月21日、大阪・舞洲スポーツアイランドで開催された「昭和レトロカー万博2021」。会場には沢山の旧車&ビンテージカーが集結し、古き良き昭和の時代にタイムスリップしたかのような雰囲気に溢れていた。もちろん主役は、少しヤンチャな雰囲気を残しながらも経年によっていい味を醸し出すノスタルジックなクルマとそのオーナーたち。魅力に満ちたそんな彼らをレポート!

箱スカGT-R50連勝を阻止したロータリーの名車

マツダ・サバンナRX-3(S124型/1976年製)

オーナー:ナカムラ ヨシヒロさん

 ボンネット先端が尖ったイーグルノーズに丸目4灯ヘッドライト、そしてハニカムグリル。いまで言うところのバッドフェイスを生まれながらにして備えていたのがマツダ・サバンナRX-3。ファミリア・ロータリークーペの後継モデルとして、1971年~1978まで生産されたロータリーエンジン搭載車だ。

【関連記事】陸上自衛隊向けに開発! 和製ハマーと呼ばれたトヨタ「メガクルーザー」とは

サバンナRX-3(S124型)画像はこちら

 当時のツーリングカーレース(富士ツーリストトロフィ500マイル)で、箱スカGT-Rの50連勝を阻止したクルマとしてもその名を歴史に残す、日本を代表するスポーツカーといえる。ナカムラさんのRX-3は、年式からS124系と呼ばれる後期型で、エンジンは12A型ロータリーエンジンを搭載する(前期型は10A型ロータリーを搭載)。サバンナRX-3(エンジン)画像はこちら

 レースでの大活躍や走りの良さも手伝い、そして族車人気が高まったことなども重なり、程度のいい車両はほとんど残っていないというのがRX-3というクルマの現状。実際に、取材した昭和レトロカー万博2021でも、S30Zや箱スカなどは多数見かけたが、RX-3はナカムラさんのクルマ以外見かけていない。サバンナRX-3(コクピット)画像はこちら

 そんな貴重なRX-3だが、友人が良好な状態をキープしていたため、2021年3月に友人から譲り受けたとのこと。エンジンは12A型2ローターエンジンをノーマルのまま搭載。オーバーホール後、約1万kmで調子は良好だという。今後は「ペリフェラルポート加工をしたいのと、エンジンルーム内も鑑賞に堪えられるようにキレイにしていきたいですね」と語ってくれた。オーナー:ナカムラ ヨシヒロさん画像はこちら

■マツダ・サバンナRX-3(S124型)SPEC
□エクステリア:スピードフォルム・特注オーバーフェンダー/汎用リヤウイング/ビタローニ・ドアミラー/タント用サイドマーカー
□ホイール&タイヤ:レイズ・ボルクレーシングTE37V(F:15×8.0、R:15×9.5)&ダンロップ・ディレッツァZ1(F:225/50R15)、ヨコハマ・アドバンネオバAD06(R:225/50R15)
□チューニング:エンジン12A型ロータリー・ノーマルオーバーホール済/K&Nエアクリーナー/ウェーバー・キャブレター/MDI同時点火/マフラー・音量調整付きワンオフ
□サスペンション:F:SA22型RX-7用ストラット流用
□インテリア:ダッシュボード&ドアパネル・アルカンターラ張り替え/MOMOステアリング+シフトノブ/フロアマット/レカロLXシート張り替え/センターコンソール&シフトパネル自作カーボン施工

阪急電車カラーに塗られた北米逆輸入のダッツン240

ダットサン240Z(S30型/1972年製)

オーナー:鹿出和豊さん

 左ハンドルの逆輸入車となる鹿出サンの240Z。購入当初は、いまアメリカで流行している昔の族車風ワークスフェンダーのレーシングカースタイルにまとめられており、自分の意とするクルマではなかった。それをレストアしながら現在のスタイリングにまとめ上げ、いまはこのスタイルが気に入っているそうだ。購入の動機は「そうだキャブ車に乗ろう!」というなんともシンプルなものだが、それを実現させたのはオーナーの「絶対に乗る!」という強い想いがあったからだ。そんな強い意志で購入した240Z。ダットサン240Z(フロントスタイル)画像はこちら

 リメイクのスタートはボディカラーからで、Z34型の純正色にオールペンをしたということだが、この色を選んだ決め手は地元を走る阪急電車のボディカラーと似ているから、だ。ボディ全体はスピードフォルムのキットを装着。要所要所にカーボン素材を使ったこのキットは、240Zをよりスパルタンにメイクアップしてくれる。このボディに組み合わせるホイールはレイズ・ボルクレーシングTE37Vのブロンズカラー。17×9.5 インセット−15(フロント)、17×10.0 インセット−20(リヤ)にそれぞれ205、225タイヤを組み合わせている。ダットサン240Z(リヤスタイル)画像はこちら

 エンジンは2.8LのL28型に換装され、キャブレターはソレックス40⌀を装着。そのほか、MSDイグニッションシステム、ウルトラ・シリコンプラグコード、フューエルリターンシステムなどを備える。また、エンジンルームはもちろんのこと、ヘッドカバーまでもボディ同色にするというオーナーのセンスも好感がもてる。ダットサン240Z(L28エンジン)画像はこちら

 レストアを進めるうえで見つかったトラブルは、キーシリンダーの接点が取れていなかったことやウインカースイッチが不調であったことなど。点火系、冷却系などをしっかりと組み直しているので、ストレスフリーで乗ることができるそうだ。おもに週末に乗るクルマであるそうだが、キャブ車の良さを満喫しているオーナーだ。オーナー:鹿出和豊さん画像はこちら

■ダットサン240Z(S30型)SPEC
□エクステリア:ボディオールペン/スピードフォルム・フロントスポイラー+リップスポイラー+オーバーフェンダー+サイドステップ+リヤアンダースポイラーtype2+リヤウイング
□ホイール&タイヤ:レイズ・ボルクレーシングTE37V(F:17×9.5−15、R:17×10.5−20)&ダンロップ・ディレッツァZ1(F:205/45R17、R:225/45R17)
□チューニング:L28型エンジン換装/ソレックス40⌀キャブレター/ウルトラ・シリコンプラグコード/ミッション4速→5速化/MSD
□インテリア:サイトウロールケージ・ロールバー/レカロシート/追加メーター