そこらのカワイイを超えた圧倒的な映え確実! オシャレ系クルマ好き女子に乗って欲しいネオクラ旧車5選 (1/2ページ)

そこらのカワイイを超えた圧倒的な映え確実! オシャレ系クルマ好き女子に乗って欲しいネオクラ旧車5選

思わずひと目惚れしてしまう女子にオススメの旧車とは

 若い世代の人たちがラジカセを「オシャレ」と言って部屋に飾ったり、ポラロイドで味のある写真を撮りたがったり。時代に逆行するような、すっかり忘れ去られたかのようなレトロな製品は、当時まだ生まれていなかった世代にとってなかなか新鮮に映るものです。同じようにクルマもまた、若い世代に人気のアーティストのミュージックビデオを見て憧れたり、街なかで偶然見かけてヒトメボレしたりと、30年以上前に登場した旧車が欲しいという若い世代も一定数います。SNS映えのためだけに欲しいという女性も多いようですね。

【関連記事】「ムルティプラ」に「ビークロス」理解不能のデザインも今見るといいね! 登場時に攻めすぎた個性派クルマを紹介します

エモい全12色のシティカブリオレ画像はこちら

 今、希少モデルは世界的に価格が高騰し、むやみに購入するとコレクターから批判されるなど、気軽に手が出せなくなってしまったケースも多いです。しかし、そうした小難しいことはひとまず置いておいて、女性なら単純に「デザインが好きだから」、「乗りやすいから」といった理由で選ぶのもいいのではないでしょうか。今回はそんな、停まっているだけでもSNS映え必至な、今のクルマにはないデザインがスタイリッシュな旧車や、コンパクトで無駄なものがなく手軽に乗りやすい旧車など、女性におすすめのモデルをご紹介します。

女子にオススメの旧車01:パオ
「運転しやすくとにかくオシャレで可愛い」

 1台目は、80年代後半から90年代初頭に大ブームとなった「パイクカー」と呼ばれたモデルたちのなかで、小さくて可愛くて、街なかでもスイスイと乗りやすい日産パオ。パステルカラーのグリーンやブルー、オレンジなどのボディカラーがしっかり映えて、インテリアもホワイトのハンドルやボディ同色のインパネなど、まるで洋画に出てくるような雰囲気です。

【関連記事】「ムルティプラ」に「ビークロス」理解不能のデザインも今見るといいね! 登場時に攻めすぎた個性派クルマを紹介します

日産パオのフロントスタイル画像はこちら

 全長3.7mほどのコンパクトサイズで、3ドアの5人乗り。1.0Lエンジンは軽快で、最小回転半径も4.4mと今の軽自動車くらいなので、とっても取り回しがいいのです。現在の中古車価格は50万円台〜150万円台とピンキリですが、メンテナンスがきちんと施された個体を選べばまだまだ活躍するはずです。日産パオのインテリア画像はこちら

女子にオススメの旧車02:シティカブリオレ
「ファッショナブルなリアルチョロQ」

 2台目は、見た瞬間にきっと「リアルチョロQ!」と笑顔になる人がほとんどな、ホンダ・シティカブリオレ。1984年に登場した、個性的でユニークで元気いっぱいのコンパクトカーです。本格的なソフトトップと、オーバーヘッドバーを装備した、当時としてはホンダ唯一のファッショナブルなフルオープンカーでした。シティカブリオレ画像はこちら

 開発にあたっては、イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナ社に技術協力を受けたことでも知られています。インテリアもチェック柄のファブリックや、汚れにくいビニールレザーがあって、なかなかオシャレ。エンジンは1.2Lで5速MTとATがあり、4人乗りとなっています。

女子にオススメの旧車03:オートザムAZ-1
「ガルウイングのマツダ製スーパーカー」

 3台目は、ちょっと価格が高騰してる希少車の部類に入ってしまいますが、映え狙いには最高なモデルがマツダAZ-1。全長3.2mほどしかないプチサイズなのに、デザインは本格的なスポーツカータイプで、なんとドアがガルウイングです。マツダ・オートザムAZ-1画像はこちら

 両側が羽のように上に開き、街なかでもどこでも乗り降りするだけで大注目されること間違いなし。赤やブルー、ブラックなどカラーもビビットなので、とっても目立ちます。エンジンは660ccでMTだし、ふたり乗りで荷物もほとんど積めないので、実用性にはちょっと乏しいですが、めいっぱい回して走る楽しさは今のクルマ以上かもしれないですね。運転席後方に積まれたF6Aターボエンジン画像はこちら