クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 徐々にスペシャル感が薄れ消滅! センチュリーの対抗馬だった「プレジデント」の残念すぎる歴史
CLASSIC
share:

徐々にスペシャル感が薄れ消滅! センチュリーの対抗馬だった「プレジデント」の残念すぎる歴史

投稿日:

TEXT: 島崎 七生人 PHOTO: 島崎 七生人

初代セドリックのポジションを引き継いだプレジデント

 和暦でいうと昭和40年(1965年)10月、日産のまったく新しい最高峰セダンとして登場したのがプレジデントだった。トヨタ・センチュリーの登場は1967年のことだから、プレジデントのほうがひと足先の誕生ということになる。

 センチュリーがクラウン8に代わるフラッグシップだったように、プレジデントも、それまで初代セドリックの上級モデル(=スペシャル。2.8Lエンジンを搭載し、標準モデルよりホイールベースが長い3ナンバー車だった)が担ってきたポジションを引き継ぐ役割が与えられた。

 なおプレジデントが登場した翌年の1966年、日産とプリンスの合併が発表された年の東京モーターショーでは、御料車のニッサンプリンスロイヤルが公表された。だが、このクルマは日産と合併前のプリンスが制作したクルマだった。

 プレジデントといえば(センチュリーもそうだが)、庶民にとっては高嶺の花どころか雲の上の存在も同然だった。余談になるが、父親が国鉄職員(当時)で官舎住まいだった根っからの庶民の筆者も、セドリック、クラウンであればタクシーやハイヤーで乗せてもらう機会があり、それはそれで大はしゃぎだった。だが、さすがにプレジデントには実生活上で接する機会はなかった。

 だからだったのか、自分のミニチュアカーのコレクションのなかに、スポーツカーやG・ジウジアーロデザインのクルマに混じって、プレジデントとセンチュリーは集めてあった。どちらも“ダイヤペット”の43分の1モデルで、ボンネットとトランクだけでなく、ドアが4枚とも開閉するギミックがたいそう嬉しかったことを覚えている。

天然の起毛ウールの表皮や“からみバネ”の採用

 さてカタログの写真だが、あいにく初代の単独のカタログは手元にはなく、最古のものとしてあったのは1972−73年の東京モーターショーのパンフレットより。“プレジデントD仕様”とだけ説明がついており、ということはV8の4Lエンジンを搭載し、フル装備の最上級グレードということになる。日産プレジデント

 2代目の登場は1973年のことだった。とはいえ、初代の写真と見比べていただければ一目瞭然のように、基本的に初代をベースに大改良を施したモデル。外観上では、フロントグリルを独立させ中央部を尖らせたマスクが、ひと目で新型とわかる。日産プレジデント

 それだけではなく、じつはトランクルームの拡大を目的に、おもにリヤのオーバーハングも初代から延長されたのだった(全長が200mmほど伸び、大半がトランクの拡大分に充てられた)。この世代からは単独のカタログが手元にあるのでページを捲ってみると、搭載エンジンはV8の4.4L、当時の日産の排出ガス清浄化システムのNAPSを採用していた。日産プレジデント

 シートには、国産初という天然の起毛ウールの表皮や“からみバネ”の採用などが謳われているほか、除湿や頭寒足熱の温度分布が得られるマルチエアコン、ワンタッチパワーウインドウ、後席用シガーライター&灰皿、読書灯などが紹介されている。インパネでは横型のスピードメーター、コラムシフトなども目に止まる。当時としては最上級の設えが施されたクルマだった。日産プレジデント

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS