クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • タイヤを替えるとスピードメーターがズレる!? 車検でも検査があるけど落ちる可能性は?
CUSTOM
share:

タイヤを替えるとスピードメーターがズレる!? 車検でも検査があるけど落ちる可能性は?

投稿日:

TEXT: 近藤暁史 PHOTO: Auto Messe Web編集部

  • スピードメーターに誤差があると車検に通るのか
  • クルマのメーターは車輪の回転量から計測している
  • タイヤの外径が変われば実際の速度とメーターに誤差が生じる
  • 実際の誤差を知っておいた方がベターなのでGPSや社外メーターを利用したい
  • 車検では許容範囲が広いので通らないことは滅多にない
  • スピードメーターに誤差があると車検に通るのか

タイヤの外径が変わればスピードメーターはズレる

 スピードメーターは、実際の走行速度をリアルタイムで表示してくれる大切な装備だ。しかし、実際にリアルな数値か、疑問に思ったことはないだろうか。

 まずスピードをどう測っているかというと、基本的にはふたつの方法がある。古いクルマだとミッション内部に組み込まれたギヤから回転を取って速度に変換して表示する。もう一方は、磁石を使ったセンサーで、こちらはエンジンやミッションの回転する部分に取り付けられていて、回転を取っている。自転車用のスピードメーターは車輪に磁石を付けるが、それと理屈的には同じだ。またアナログにしろ、デジタルにしろ、理屈は基本的に一緒とも言える。どちらの方法にしてもシンプルなのが利点なのだが、問題は車輪の回転量と必ずしも一致していないということ。つまりタイヤの外径が変わると、ズレてしまうわけだ。

クルマのメーターは車輪の回転量から計測している

車検では40km/hでスピードメーターを検査

 ご存知の方もいると思うが、車検ではスピードメーターの検査もある。具体的には40km/hで測るのだが、誤差があるともちろん車検にパスできない。では、誤差が出るのはどういうときかというと、メーターの故障などを除くと、タイヤの外径を変えてしまったとき。また、摩耗した場合も外径が変わるので影響が出そうだし、同じサイズのタイヤでもメーカーやブランドによって異なるので、考えだしたらキリがない気もする。

タイヤの外径が変われば実際の速度とメーターに誤差が生じる

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS