いくらなんでもイマドキの純正車載工具はショボすぎ! 最低限積んでおきたい工具6選+α (2/2ページ)

車載すべき工具04:メガネレンチ

 気にしない人はいわゆる両側が開いたオープンスパナを使ってしまうが、応急的にはいいとしても基本的にはナメやすいので、できるなら避けたいところ。オススメは丸くてボルトやナットの頭にガッチリとはまるメガネレンチ。10/12/14/17/19mmあたりをカバーしていればとりあえずは問題ない。

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

メガネレンチ画像はこちら

車載すべき工具05:ボックスレンチ

 これは一般向けというよりも、色々なことをやりたいDIY派向け。ボックスレンチはソケットレンチとも呼ばれるが、ハンドルに各サイズに合わせたソケットを差し込んで使う。さまざまなサイズに対応できて、かさばらないのがメリットだ。ラチェットになっているので素早く回転させられる。ボックスレンチ画像はこちら

車載すべき工具06:工具セット

 以上はバラで揃えた場合だが、カー用品店やホームセンターでは数千円で一式が揃った工具セットが売られている。クオリティはそれなりだが、かといってダメというわけでもなく、緊急用ならまったく問題なし。ケース入りでジャマになったり、バラバラにならないのはメリット。工具セット画像はこちら

 以上が車載しておくといい工具として紹介したが、番外的に工具以外で積んでおきたいものを紹介しよう。

車載すべき工具以外のアイテム:
養生テープ/軍手/新聞紙/結束バンド

 テープやバンドは簡易的に固定するのに役立つ。軍手はかなり重宝するし、新聞紙も地面に敷いたり、汚れたものを包んだりできるなど使い道はいろいろだ。備えあれば憂いなし。万一のトラブルを想定して、ここで紹介した必要最低限の工具をしっかり車載しておきたい。養生テープ、結束バンド、軍手、新聞紙画像はこちら