異常な旧車の中古価格高騰! ブームに乗って暗躍する「怪しいブローカー」の存在 (1/2ページ)

異常な旧車の中古価格高騰! ブームに乗って暗躍する「怪しいブローカー」の存在

この記事をまとめると

  • ネオクラ世代の旧車でも4桁万円の値付けが当たり前
  • 旧車ファンを悩ませる価格高騰が起こる理由とは
  • 旧車価格高騰の裏で暗躍するブローカーの存在

価格高騰に拍車をかける旧車ブローカーの存在とは

 先日、インターネットで旧車の販売価格をチェックしていて驚いた。なんと、フルレストアされた1986年式の「トヨタ・セリカXX 2000GTツインカム24」が税込価格1280万円で販売されていたのだ。 エンジン、トランスミッション、デフがオーバーホール済みで、ボディは全塗装済。走行距離も5万9000kmという見事な個体なのだが、いくらなんでも高いのでは? と思って腰を抜かしてしまった。

【関連記事】真のモテ男こそオープンカーで勝負をしていた! ツウには人気だった隠れデートカー5選

セリカXX 2000GTツインカム24の走り画像はこちら

 このクルマが2022年までどこに保管されていたのか、どういう理由で前オーナーが手放すことにしたのか、といった仔細は分からないが、ここ最近の旧車ブームに乗っかる形でオモテに出てきたことは間違いないだろう。

 このセリカXXのみならず、相変わらずハコスカやケンメリも1000~2000万円級という高価で流通しているが、旧車はコレといった相場がそもそも存在しないこともあり、もはや言い値で売買されている状況だと言っていい。別の言葉で説明すると、旧車というだけで時価で売買されていると言えるが、どうやらその高価格取引の裏で輸出も視野に入れた旧車ブローカーが暗躍し、価格が高値で安定してしまうようなアクションや値付けをしているようだ。

ネットオークションを活用する旧車ブローカーが増えている

 ブローカーとは、仲介人、仲買人のことで、売主と購入者の間における契約成立や売買合意に至った場合に紹介料という名目で売主から報酬を受け取っている人のことである。ここ最近のインターネットなどの普及により、ブローカー業も多様化してきており、展示場はないがストックヤードなどへ在庫車を集め、大手のインターネットオークションなどを介して販売活動を行っているケースも確認されている。

【関連記事】真のモテ男こそオープンカーで勝負をしていた! ツウには人気だった隠れデートカー5選

ネットオークションに出品された旧車画像はこちら

 自宅兼事務所や小さなプレハブの店舗があり、クルマの下取りも可能という。だが、信用の問題でオートオークションの会員資格を得られなかったり、さらに中古車情報サイトへの在庫掲載が難しいほか、ローンの取り扱いができなかったりするため、誰でも参加できる大手のインターネットオークションで販売しているのだ。

画像ギャラリー