ワイルド感を余すところなく強調! クリムソンの人気ホイールがジムニーユーザーに愛されるワケ (2/2ページ)

この記事をまとめると

  • 魅力的なホイールを多数展開するクリムソン
  • オシャレな雰囲気も演出できる「ディーン・コロラド」
  • 力強さを際立たせてくれる「MG ゴーレム」

【CRIMSON MG GOLEM】ビジュアルも機能も欲張ったオフ系5本スポークの最先端

 ダイナミックでアグレッシブ。他メーカーにはない独創的な世界観あるホイールを作り続けるのがクリムソン「MG」シリーズだ。最新作である「ゴーレム」はメカニカルを前面に押し出したインパクトのあるデザインを採用。がっしりとした造形はオンでもオフでも目立つこと間違いなし。

MGゴーレムのイメージ画像はこちら

圧倒的の落差を誇るコンケイブとメカニカルな造形が見せる存在感

 空前のシャコアゲブームにより、クロカンだけでなく、幅広い車種がオフ系タイヤを履く時代。さらにブロックはよりゴツさを、サイドウォールはより肉厚を求める傾向にあり、タイヤの存在感は否が応でも増し続けている。

 となると困るのはホイール選びだ。タイヤは大型化するが、ホイールは小径がトレンド。そのなかで負けず劣らない存在感を出す必要があるため、スポーツカー用とは違う難しさがある。

 そのような現状のSUVホイール界で高評価を得ているのがクリムソン。同社のMGブランドは他社とは一線を画すデザイン力と、耳に印象に残るネーミングでマーケットを騒がせてきた。

MGゴーレムの製品イメージ黒画像はこちら

 最新作の「ゴーレム」は、シリーズ初のオープンナットフェイスでメカニカル感を強調するとともに、フランジボルトからスポークがフラットに伸びて、一気に落下するコンケイブデザインが最大の見どころ。軽さと高剛性を両立する最新のフローフォーミング製法を採用。レースにも実戦投入され、性能はお墨付きだ。ゴーレムは同社の機能美をさらに高みへと引き上げた。

ゴーレムの製品イメージカット画像はこちら

ディテールをチェック!

 1ピースホイールと思えないメカニカル感あるデザインが魅力。シリーズ初のオープンナット形状でコンケイブ感がさらに高まった!

MGゴーレムのディテールチェックその1画像はこちら

 加工品を固定するグリップバイスをイメージする個性的なリムフランジ。スポークの上に乗り上げるようなデザインにより立体感はさらにUPした。

MGゴーレムのディテールチェックその2画像はこちら

 タイヤは純正では干渉する可能性がある245/75R16だが、車高/キャンバー/各部の調整をすることで問題をクリア。専門店の技がキラリと光る。

ジムニーのMGゴーレム装着イメージその1画像はこちら

 高い剛性と軽量化。機能追求のため最新のフローフォーミング製法を採用。競技でも使えるタフさも手に入れた。落ち着いたマットブラックもいいが、ブラック×マシニンググリップの光沢感も捨てがたい。

ジムニーのMGゴーレム装着イメージその2画像はこちら

MGゴーレムのサイズ一覧画像はこちら

【問い合わせ】
クリムソン MG ゴーレム
TEL:06-6180-1511 http://www.mg-wheels.com/
取材協力:アウトクラスカーズ

画像ギャラリー