ポルシェなら「992」より「964」が絶対に買い! 価格高騰でも30年前の空冷モデルがオススメな理由とは (1/2ページ)

ポルシェなら「992」より「964」が絶対に買い! 価格高騰でも30年前の空冷モデルがオススメな理由とは

価格が急騰する前に手に入れておきたい
「964」との付き合い方とは

 世界的なクラシックカー人気に後押しされる形で空冷ポルシェ911の取引価格も高騰。いまでも1000万円前後の軍資金を用意しないと、良質車をゲットできない状況が続いている。 なかでも人気なのが1989年に新世代モデルとして登場したタイプ964のポルシェ911だ。930シリーズの生産終了と同時に導入された964は、85%のパーツが新しく設計され、まず4輪駆動仕様の911カレラ4がデビューした。

【関連記事】日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

964型ポルシェ911のフロントスタイル画像はこちら

 911カレラ4は4WD機構を初めて採用した911で、搭載された電子制御式フルタイム4WDシステムは、通常はフロントアクスルに31%、リヤアクスルに69%の比率でトルクを伝達し、走行状況に応じてトルク配分を変化させた。リヤエンドに積まれた排気量3.6リッターの空冷水平対向6気筒SOHCエンジンの最高出力は250psを発揮する。 ボディは伝統的なフォルムを継承しつつ、エアロダイナミクスを最適化。これはフロントおよびリヤセクションの丸みのある流麗なラインと、可変リヤスポイラーの採用によって実現していた。964型ポルシェ911タルガの真横スタイル画像はこちら

 ボディタイプはクーペ、タルガ、カブリオレがラインアップされ、1990年型から後輪駆動モデルで一番最初のティプトロニック搭載車である911カレラ2が登場。さらに1991年型からはターボモデルもラインアップに加わり、ボディが補強され、軽量化が図られたカレラRSが1992年にリリースされた。

あのポルシェの乗り味を気軽に体感できる
ティプトロニックを初搭載

 964の魅力は、なんといっても930シリーズっぽいスタイリングを愉しめる点で、それをティプトロニックと呼ばれるATでドライブできるのだからウレシイ。筆者の友人がアマゾングリーンのティプトロニック仕様の964に乗っており、22年ぐらい前に結構な距離を走らせてもらったが、快適かつ速すぎて、運転しながら笑ってしまったことを憶えている。

【関連記事】日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

964型ポルシェ911の走り画像はこちら

 日本国内にあった個体の多くが外国人勢の買い攻勢に圧倒されたことにより、ここ最近は964のユーズドカーは流通数は少なく、700~1700万円といった相場が形成されている。2000年代はそれなりにキレイな個体が250万円ぐらいだったので、ただただ驚くばかりだ。正規ディーラーから販売された964の約60%がティプトロニックだったといわれているが、その数字は現在の中古車市場にも反映されている。

 高価だからといって購入後に安心して乗れるかといえばそんなこともないのが中古車の宿命だが、いまでも部品が揃うのでポルシェの正規ディーラーがメンテナンスや修理を引き受けている。オーダーするとポルシェクラシックワークショップのスペシャリストたちが作業を担当してくれるのは心強い。964型ポルシェ911のティプトロニック画像はこちら

 また、ポルシェに強いスペシャルショップもたくさん存在しており、そちらでも純正パーツを使った入念な整備を実施してくれる。 びっくりするようなイニシャルコストがかかるが、ランニングコストのほうは恐れるほどではないので、手に入れて損しない空冷ポルシェの雄だといっていい。964は930シリーズ以上に実用車として使えるので、ティプトロニック仕様一台ですべてのことをこなしてもカッコイイだろう。