男心を震わせるメカ感! 横浜に集結した「消防&防災車両」が掛け値なしにカッコよすぎた (2/2ページ)

水陸両用8輪車「ARGO」は47都道府県に配備済み

 またサテライト会場には、小型特殊自動車登録で、水陸両用のため小型船舶登録も可能なカナダ製8輪駆動マルチビークルの「ARGO 8X8 AURORA 850 SX HUNTMASTER」(全国47都道府県の消防施設に配備済み/神奈川県は平塚に常駐)が展示されていた。その隣には狭い道にも入ることが可能で「現場へ即着、即消火。初期消火の強い味方」というコンセプトでセットアップされた消防バイクの「HIKESHI mini」、消火・救助用小型電動モビリティの「AAカーゴ」(3輪)/「AA-i」(4輪)といった用途限定タイプの小型車両も展示され注目を集めた。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

ARGO(右)とHIKESHI mini(左)画像はこちら

 HIKESHI miniはガソリン仕様とEV仕様をチョイス可能で、今回は消防ポンプを積んでいたが、自由にカスタマイズすることができる。工場のほか、ショッピングモールやアミューズメント施設に常設しておくと、消防車が到着するまでの初期消火を行うことができるのであった。

消防ポンプを積んだHIKESHI  mini画像はこちら

老舗の消防機器メーカーとEVベンチャーがコラボ

 AAカーゴ(3輪)/AA-i(4輪)は、消火栓メーカーとして1958年に創業し、以来64年間にわたって消防設備機器の製造を行ってきた横井製作所と、国内第5のバイクメーカーを目指すEVベンチャーのaideaによる共同開発プロジェクトで生まれた小型モビリティだ。積載アイテムの一例を挙げると、粉末(ABC)消火器PEP-1OV、多機能噴霧ノズルPowder Nail、救助用エアージャッキPat Jack、救助用ハリガンYS-Halliganとなる。

消火・救助用小型電動モビリティのAAカーゴ画像はこちら

 横井製作所のスタッフは「この仕様では初めての展示となります。備蓄スペースや予算の関係で、ここ最近、資機材を軽量かつコンパクトなモノにするというニーズがあります。そして、消防だけでなく、救急のニーズがあることも確認できています。4輪のAA-iは普通免許で運転できるので、3輪よりも乗りやすく、誰でも動かすことができるというコンセプトです。不特定多数のための小型モビリティで、現在開発中です」と話してくれた。

普通免許で運転できる4輪のAA-i画像はこちら

知らないところで進化し続けている消防・防災のテクノロジー

 パシフィコ横浜展示ホールAも見学してきたが、こちらでは数多く資器材が展示されており、国内外の消防や防災にかかわる最先端の商材、技術、情報、サービスを確認することができた。画像ギャラリーでじっくりご覧いただきたい。ウニモグたちも含め、普段の生活のなかではお目にかからないことが一番なので、今後も展示会場のみで拝見することにしよう。

パシフィコ横浜での展示ブースの一部画像はこちら