男女ペアで2時間耐久レース! レジェンドドライバーの関谷正徳さんが仕掛ける新たなモータースポーツとは (1/2ページ)

男女ペアで2時間耐久レース! レジェンドドライバーの関谷正徳さんが仕掛ける新たなモータースポーツとは

モータースポーツの新しいカタチとしてスタート

 2022年5月14日、静岡県・富士スピードウェイにて男女ペアドライバーによって競われるMixed Genderクラスという新たな取り組みのレースが行われた。このレースを発案したのは、日本人初のル・マン24時間総合優勝者であり、「インタープロトシリーズ」や女性だけのレース「競争女子」など、純粋にドライバー同士を競わせる新たなレースカテゴリーを生み出している関谷正徳氏。男女ペアのレースを始めた経緯を関谷氏に聞いた。

【関連記事】HREは2台とも上位フィニッシュならず! 第20戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」のレポート【NASCARトラックシリーズ2022】

VITA耐久のレースの模様その1画像はこちら

Mixed Genderクラスってどんなレース?

 まず、今回行われたレースを簡単に紹介。男女ペアで競うMixed Genderクラスは、富士スピードウェイで行われているFCR(富士チャンピオンレース)のVITA2時間耐久レース内のひとつのクラスとして開催された。Mixed Genderクラス以外にも性別の組み合わせを問わない総合クラスも混走で行われた。なお、富士でVITAの2時間耐久レースが行われるのは初である。

【関連記事】HREは2台とも上位フィニッシュならず! 第20戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」のレポート【NASCARトラックシリーズ2022】

VITA耐久のレースの模様その2画像はこちら

 Mixed Genderクラスは男女1名ずつ、計2名で戦わなければならない。なお、スタートドライバーは女性ドライバーが担当することが決められている。

 VITAは鈴鹿に拠点を置くWESTレーシングカーズ社製のワンメイクマシンであり、競争女子や鈴鹿クラブマンレースをはじめ、全国各地のサーキットでワンメイクレースが行われている。先代トヨタ・ヴィッツRSに搭載されていた1.5Lエンジンとミッションを、セミモノコックフレーム&スペースフレームの車体に搭載した、安全性能とコストパフォーマンスに優れたレーシングカーだ。

女性がもっとモータスポーツで活躍できる場を

 関谷氏に話を聞くとMixed Genderクラスの実現は競争女子を始めてから考えていたそうだ。

関谷正徳氏画像はこちら

「モータスポーツは身体を使うアスリートスポーツなので、男性と女性が同じ舞台で競うのは女性にとって不利があります。そのようなことを踏まえ、競争女子を始めました。でも、もっと女性がモータスポーツで活躍できる場を増やすにはどうしたらいいのかと考えた際、思いついたのがこのMixed Genderクラスです。男女ペアにすれば、女性ドライバーが走れる選択肢も増え、競争女子に単独でエントリーするよりもハードルが低くなると思ったのです」

女性ドライバーと交流する関谷正徳氏画像はこちら

「ですが、これをやろうと決めたときに、周りの皆が賛同してくれる訳ではなかっですし、考えを理解してもらうことが難しかったです。まずはレースを開催し、ひとつの形にした上で、どういうものか理解を広めていかなければとあらためて思いました」

 こうして発案されたMixed Genderクラス、新型コロナウイルスの影響などもあり3~4年の準備期間を経て今回初開催となった。実際に耐久レースを戦った43台の内、15台がMixed Genderクラスとしてエントリー。

 競争女子とFCR VITA、それぞれでトップクラスを走るドライバー同士というガチな組み合わせで勝ちを狙うチームや、夫婦ペアで参戦するチームなど、さまざまな男女ペアがエントリーしていた。しかもこのVITA2時間耐久レースで総合優勝したのは、Mixed GenderクラスでエントリーしたMixed Genderクラスのマシンが、男性のみの総合クラスよりも前でチェッカーを受けることになった。総合3位に着けたのもMixed Genderクラスの翁長実希・徳升広平組で、男女ペアレースの可能性を感じさせる開幕となった。

優勝した大竹将光・山本 龍組画像はこちら