ターボエンジンはブースト圧を上げればいいってもんじゃない! どうして「ブーストダウン」した方が速くなる? (1/2ページ)

ターボエンジンはブースト圧を上げればいいってもんじゃない! どうして「ブーストダウン」した方が速くなる?

この記事をまとめると

  • ターボ車チューニングの一丁目一番地「ブーストアップ」
  • ブースト圧が高い方がパワーは出る
  • 速く走るためにはブーストダウンしたほうが良いことも

速さを突きつめた領域では「常識」が逆転する!?

 ターボ車のパワーを出すにはハイブーストと決まっている! たくさんガソリンと空気をエンジンにぶち込めばそれだけパワーは出る! ……そんな風に、ハイブーストこそ速さの象徴であるのは、じつはストリートだけの話。サーキットではブースト圧を下げることも全然普通にある。奥深きターボセッティングの世界とは?

ブースト圧が高いほうが当然パワーは出る

 ターボ車のパワーは基本的にブースト圧が高いほうが出る。より高い圧力でエンジンにガソリンと空気を押し込むので、それだけたくさん燃やすことができ、パワーが出る。

 そこでチューニングの最初のフェイズとしてブーストアップが推奨される。これはタービンは純正のまま、ブースト圧を上げること。それに合わせて燃料の量や点火時期なども調整するが、10~20%ほどのパワーアップが可能だ。コスト的にもエンジンコンピュータ(ECU)の書き換えだけでできることが多く、10~15万円ほどで大幅にパワーアップできる。

 次にもっとパワーを出すなら、タービン自体を大きなものに変えるチューンがある。より風量の大きなタービンにすることで、エンジンにたくさんの空気を押し込み、出力をアップさせる。このときもブースト圧は高めるのが一般的で、ブーストアップよりも大きなリターンが見込める。

 純正タービンにしろ、アフター品のタービンにしろ、エンジンパワーだけで言えば、基本的にブースト圧が高いほうが出せる。ある一定のラインを超えると異常燃焼が起きたりするので限界はあるが、純正ブースト圧に比べて20%くらいまでは高めるのが普通だ。

【関連記事】バンライフはいま「天然木」ブーム! すぐにできるDIYカスタムと注意点をお教えします

ECUチューンの次はタービン交換画像はこちら

画像ギャラリー