レクサス「LFA」のV10エンジンが蘇る! トヨタとヤマハ全面協力の精密スケールモデル「1LR-GUE with POWER CORE」誕生

レクサス「LFA」のV10エンジンが蘇る! トヨタとヤマハ全面協力の精密スケールモデル「1LR-GUE with POWER CORE」誕生

この記事をまとめると

  • 魅力的なクルマ関連アイテムを手掛ける日下エンジニアリング
  • 人気のエンジンスケールモデルの最新作として1LR-GUE with POWER COREが登場
  • レクサスLFAのパワーユニットとピストンやコンロッドを再現したミニチュアがセット

超精密エンジンスケールモデルに至高のV10ユニットが登場

 スカイラインGT-Rをはじめ、個性的なオリジナルアイテムを多数手がけている日下エンジニアリング。同社の新作として、「1LR-GUE with POWER CORE」がラインアップに加わった。初回生産は25台で、納期は2022年10月末以降となっている。

 同社はこれまでに、スカイラインGT-Rの本物のエンブレムを用いたLEDパネルなど、オーナー心をくすぐるアイテムを多数発売してきた。そのなかでも、いま一番人気となっているのが、エンジン本体を精密に再現したスケールモデルだ。なかでも日産GT-R(R35)は、日産自動車のオンラインショップでも販売されるなど、注目を集めている。

 今回、新たに追加される「1LR-GUE with POWER CORE」は、あのレクサスLFAに搭載された、4.8L V10自然吸気エンジンに、ピストンやコンロッド、クランクシャフトなどエンジン内部のパーツをセットにしたスペシャルなモデル。最高出力560ps(ニュルブルクリンクパッケージは571ps)、最大トルク480N・mを発揮する至高のパワーユニットだ。

 開発にはトヨタとヤマハの全面協力により、ヤマハが保有しているエンジン本体を2機借り、分解して細部まで徹底的にスキャニングして3Dデータ化。エンジン本来の質感も再現するべく、レジンのみならず金属、プラスチック、ゴムなどを適材適所で配置し、完全ハンドメイドでリアルに仕立てられている。

 エンジン本体の隣に配置されるPOWER COREは、内部でピストンやクランクシャフトがどのように動いているのかを想像させてくれる。リバースエンジニアリング技術により、本物を忠実にスケールダウンしている点も見逃せない。いまにもエンジン音が聞こえてきそうなほど、リアルな造形に注目だ。

【関連記事】発表間近!! ホンダ新型「ZR-V」開発者の言葉から読み解く「新たなパッケージング」とは

エンジン本体とパワーコア画像はこちら

 まさに芸術品と言えるパワーユニットを、ぜひコレクションに加えてみてはいかがだろうか? 9万3500円(税込み)とけっして安くはないが、非常に満足度の高いアイテムである。オーナーはもちろん、スーパーカー好きの方などにオススメだ。

【製品概要】
■トヨタ自動車ライセンス商品
■本体材質:レジン樹脂、アクリル、真鍮、ホワイトメタル
■台座&アクリルケース:幅260mm×奥行き170mm×高さ(ケース高)170mm
■付属品:ウォールナット高級台座(表面はカーボン調シート張り)、日本製高級アクリルケース
■価格:9万3500円(税込み)

画像ギャラリー