いま給油口カスタムが静かなブーム! ガソリンスタンドでの自己満でもいいんです (2/2ページ)

レーシーなカーボンフューエルキャップ

 給油口カバーをレーシーに仕立てたいのならキャップもカーボンにしたくなるのは、当然の流れ。ハセ・プロのフューエルキャップステッカーは、キャップの上下やツマミの部分に貼るだけで手軽にスポーティなムードが味わえるパーツ。油種によって色分けされているのもポイントだ。

【関連記事】京都に「フィアット&アバルト」のセレクトショップ誕生! 「A PITオートバックス京都四条」にできた「コルソ・ティーポ」を潜入調査しました

カーボンフューエルキャップ

質感高く仕上げるならアルミ製キャップ!

 発色の良いアルミ製のキャップは質感が段違い。純正のキャップには黒い樹脂が採用されているが、上から被せるだけでその雰囲気が一変。カバーを開ければ、鮮やかな色が目に飛び込んでくる。写真はクール製で、トヨタ、マツダ、スバル車に対応。カラーは3種類を用意する。

アルミ製キャップ

ワンポイントでもインパクト大! 手軽に試してみるべし

 以上のように、給油口カスタムは意外と手軽に始められる。エアロやアルミホイールの交換に比べると控え目かもしれないが、ワンポイントのアクセントが大きな効果をもたらしてくれる。ぜひ、愛車の給油口を個性的にアレンジしてほしい!