夏場の旧車オーナーに切実な「クーラー冷媒ガス」問題! 「R12」時代のクーラーを使い続けるには? (1/2ページ)

夏場の旧車オーナーに切実な「クーラー冷媒ガス」問題! 「R12」時代のクーラーを使い続けるには?

供給が絶えて久しい1990年代までの「R12」ガス

 1990年代までの旧車、ネオヒストリックの維持で頭が痛いのが、クーラーガスの問題だ。1960年代からオプションながらクーラーが用意されていたり、サンデンの「レザム」などの後付けクーラーもあって、憧れ的な装備だった。現存車でもそれらが付いている車両はあるが、1980年代、1990年代になるとクーラーやエアコンは当たり前になった。ちなみに「クーラー」と「エアコン」は違いがあり、冷気が出るだけなのがクーラーで、旧車はこちらが一般的となる。

温暖化対策で変遷してきた冷媒ガス規格

 比較的新しいモデルも含めて、付いている以上はクーラーを正常に作動させて、気持ちよくドライブしたいものだし、猛暑、酷暑続きの昨今であればなおさらだ。そこで問題になってくるのが、エアコンに使われるガス。冷媒として冷気を作るのに欠かせないのだが、1990年代まで使われていた規格は「R12」と呼ばれるものだ。その後、「R134a」に切り替わり現在も使われつつ、さらに環境に優しい「R1234yf」へとシフトしている。

【関連記事】総数72台の歴代「ジープ」が集結! 「ウィリス」から「ラングラー」までそろった「ジープジャンボリー」のアウトドアな1日とは

R12規格の冷媒ガス用の旧車クーラーを使うには画像はこちら

 この変更の理由は、よく見聞きしたことがあるだろう。フロンガスによるオゾン層破壊を防止するためであり、つまり地球温暖化対策のためだ。それについてはまったく異議はないのだが、問題なのはクーラーの冷媒ガスそれぞれに互換性がないこと。さらにR12に関しては生産や使用が厳しく制限されているため、入手が困難というのも問題だ。つまり、R12のクーラーを維持するのは大変ということになる。

 さらにR12の特徴で、分子構造の関係でわずかずつではあるが、抜けてきてしまう。そして旧車では配管の精度も問題だ。つまり現行車のように、故障や事故でシステムが破損しなければ、ガスを入れ替えたり補充することはあまりないのとは違い、R12を使用しているとクーラーに定期的なメンテが必要になるのも問題なのだ。