クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 貼るだけで愛車が変わる! お得感が強いトヨタ「ハイエース」&スズキ「ジムニー」用カスタムパーツ4選〈PR〉
CUSTOM
share:

貼るだけで愛車が変わる! お得感が強いトヨタ「ハイエース」&スズキ「ジムニー」用カスタムパーツ4選〈PR〉

投稿日:

TEXT: AMW編集部 PHOTO: 小林 健

  • トヨタ・ハイエース/レジアスエース用縞板ドアノブプロテクター(シルバー)

手軽に装着できるのが嬉しい!

 ドレスアップ用モールやカー用品の開発・販売でお馴染の「愛工房」はスズキ・ジムニーやトヨタ・ハイエースといった車種のアイテムを豊富にラインアップしている。同社の代表取締役である天野信昭氏が愛車として手に入れたトヨタ・ハイエースやスズキ・ジムニーに感じた“不満”を解消するためにプロデュースしている。2022年も数多くのアイテムがリリースされてきた中から人気のアイテムをあらためて紹介していこう。

トヨタ・ハイエース/レジアスエース用 サイドステップカバー

 トヨタ・ハイエースを所有するユーザーの悩みの一つがシートの位置が高くて乗り降りがしにくいということかもしれない。そのため、タイヤハウスの前には足を引っ掛けるための小さなステップが装着されている。

 当然だが、乗る頻度が高ければ汚れやすく、凸凹に砂が入ってしまうと洗車の手間になる。しかも純正パーツは樹脂製品のため傷がつきやすく、月日が経つと劣化し白色に変化するので、少々みすぼらしくなってしまう。

 天野氏は自らも所有するハイエースになにかできないか…と考えたときに思いついたのが汚れも傷もつきにくく、ドレスアップ要素の高いアルミ縞鋼板を貼るというもの。材料の板厚はドアと鋼板のクリアランスを考慮。職人が木槌で少しずつ叩いて付けている曲げ角度など、“ただのステップ”だが、オーナーだからこその“愛”が詰まっていた。

 取り付け作業の手順は、サイドステップの汚れを落とし、十分に脱脂をしてから付属される3M PACプライマー(PPやPDM部品と両面テープの密着性を高めるもの)で車両側の接着する面に塗るまでが下準備。

 あとは製品に貼られている両面テープを剥がし、サイドステップに接着をするだけ。これなら、カスタム初心者でも安心して作業できること間違いなしである。

 カラーバリエーションはアルミ地肌のほかに、防傷・防錆・防汚などに効果的な耐久性のある、ラプターライナーを使用したザラザラ感のあるブラックの2種類を用意。価格はアルミ地肌仕様が1万1000円(消費税&送料込)。ブラックは1万4000円(消費税&送料込)となっている。

トヨタ・ハイエース/レジアスエース用縞板ドアノブプロテクター

 仕事グルマとして人気のハイエース/レジアスエース。バックドアこそ跳ね上げ式で場所を選ぶが、スライドドア側に作業道具を置いていると効率がいいため利用頻度が自然と高くなる。

 その一方で何度も開け閉めを繰り返しているうちに、ドアノブには小キズがどんどん増えてしまうデメリットが発生する。そこで装着したいのが、ドアノブプロテクターだが、傷防止以外にもドレスアップ要素が盛り込まれているのが愛工房流となる。

 これまでもラグジュアリー ポッティングシール(ウレタン樹脂をコーティングしたもの)がリリースされていたが、ワイルドで無骨なデザインの樹脂製の縞鋼板風を追加。ボディ色に合わせられるようにブラックとシルバーの2色を用意している。

 取り付けは、付属の脱脂クリーナーで十分に汚れを落としてから、プロテクターを貼るだけというスグレモノ。価格は1台分(4枚)4000円(消費税+送料込)となる。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS