クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 【特別インタビュー】柳田春人事業部長に聞く、「ASEA」のなりたちと活動とは? 「パーツが安心・安全・信頼できるものであることをユーザーに伝える」
CUSTOM
share:

【特別インタビュー】柳田春人事業部長に聞く、「ASEA」のなりたちと活動とは? 「パーツが安心・安全・信頼できるものであることをユーザーに伝える」

投稿日:

TEXT: 塩見 誠  PHOTO: 横澤靖宏

  • ASEAが定める試験、評価などをクリアした認定制度の対象アイテムには、駆動系のクラッチディスクも当てはまる

安心・安全な自動車用パーツ

「NAPAC(Nippon Auto Parts Aftermarket Committee 一般社団法人 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)」は、安心・安全な自動車用パーツの普及を実現していくことで、カスタマイズパーツの振興を目指している。

 そんなNAPACには、大きくわけて3つの事業部がある。スポーティングパーツの品質基準を定めている「ASEA(AUTOSPORTS & SPECIAL EQUIPMENT ASSOCIATION)」とアルミホイールの安全性と信頼性を確保する「JAWA(JAPAN LIGHT ALLOY WHEEL ASSOCIATION)」、スポーツマフラーの法令遵守や品質基準を担保する「JASMA(The Japan Automotive Sports Muffler Association)」である。

「ASEA」設立の経緯とは

 今回はその中から、ASEAの活動内容や現状、そして将来的な展望について、NAPAC副会長でASEA事業部長の柳田春人氏にお話を伺った。AMW読者諸氏ならば、「Zの柳田」としてご存知のことと思う。現在は1975年に創業したセントラル20(株式会社セントラル)の代表取締役であり、こちらで製作するフェアレディZ用のパーツは、長年のレースで培った経験をもとにつくられたものだ。

「いまとなっては信じられないことかもしれませんが、昔の国産車はドアミラーやサンルーフさえも、保安基準に通らなかったんです。ところが、輸入車に装備されているドアミラーやサンルーフは公道を走れるし、車検も通る。普通に考えて、これはおかしいですよね。そういう時代でしたから、どれだけきちんとしたスポーツパーツをつくっても、純正部品ではないという1点のみで保安基準にパスしない。これをなんとかしたい、と思っていました。

 そこで1980年ごろに、トムスの舘さんやいろいろなパーツ製作をおこなっていたタカマコンペティションプロダクトの高間さん、オートルックの篁(タカムラ)さんらと話をはじめました。そのころ、日産はまだニスモがなくて大森が、トヨタはTRDがレース用パーツの販売をしていて、そうしたパーツには競技用部品であるというステッカーを貼って、公道では使わないように注意をしていたんです。そういうことを、われわれがつくるパーツでもできないか、各ブランドがそれぞれにするのではなく統一したカタチでやれないか、ということですね。そこからASEA設立の動きが始まりました」

 ASEAが設立されたのは、1981年10月のことである。設立の目的は公道で使えるパーツと競技用パーツの区別を団体としておこなうこと。そして、公道で使えるパーツをASEA認証品として認知してもらうこと、であった。

「公道で使えるパーツとして、当時の運輸省、いまの国土交通省に認証してもらうためには、個々のブランドが動いていたのでは手間が掛かりすぎます。それぞれのブランドで対応するとなると、人手も必要ですしね。そういう意味でも、業界団体をつくるというのは、有効な手段であると考えました。ただ、いろいろなブランドがまとまって要望を出すということの裏側には、安全に関する内部基準をはっきり定めておき、みんながそれに従って製品開発を進めていかなければなりません。各ブランドは、市場においてはライバルなわけですから、内部基準をすり合わせていく必要がありました。そこから生まれてきたのが、ASEA基準です」

 そんなASEAの活動が実を結んだのが1995年(平成7年)の規制緩和だった。それまでは車高に変化があったりパーツ交換をした場合などは「構造等変更検査」を受けなければならなかったのが、軽微な変更に関しては手続きが不要となったのだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS