『af imp.』

NEWS - 2ページ目

afimp Style up Car Contest 2018 【第287回 長崎県 MCファクトリー】

長崎県北エリアで気を吐く、地域密着型の輸入車専門店MCファクトリーで初開催! やって来ました長崎・佐世保! 同エリアでは初となるスタコン! そこで出会ったのは輸入車が好きで、カスタムが好きで思い思いに楽しむ、とっても素敵...

続きを読む...

afimp Style up Car Contest 2018 【第286回 岡山県 モウフ】

愛車の魅力と気持ちよさをもっと引き出す!岡山エリアで人気プロショップ・モウフで開催! 岡山エリアはもちろん、県外の遠くからも訪れるお客がいるほど不思議な求心力をもっているモウフでのスタイルアップカーコンテストの模様をお届.…

続きを読む...

afimp Style up Car Contest 2018 【第286回 千葉県 ビッテモーターワークス】

ボルボやBMWなど欧州車のメイクアップをスタッフが親身になって提案してくれる! いつもながら実感するアットホーム感が今回も炸裂した千葉県の「ビッテモーターワークス」でのスタイルアップカーコンテストの模様をお届けします。 ...

続きを読む...

afimp Style up Car Contest 2018 【第286回 新潟県 84ベースモーターワークス】

ワーゲン、アウディなんでもござれ!新潟を代表するプロショップで開催! VWが好きすぎるあまり仕事にしてしまった店主佐久間氏が営む84ベースでのスタイルアップカーコンテストの模様をお届けします。 84ベースモーターワークス...

続きを読む...

【af imp.スタコン】2019年1月号・第287回ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.1月号掲載の第287回スタコンは、北海道・ガレージナッズ、長崎県・MCファクトリー、山形県・ロッソカーズで開催されました。 afimp.1月号、第287回スタコンの月間チャンピオンに選ばれたのは、アウディA4オールロードの小山内郁…

続きを読む...

【af imp.スタコン】2019年1月号・第286回ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.1月号掲載の第286回スタコンは、千葉県・ビッテモーターワークス、新潟県・84ベースモーターワークス、岡山県・モウフで開催されました。 afimp.1月号の月間チャンピオンに選ばれたのは、フィアット・グランデプントの野々瀬…

続きを読む...

【af imp.スタコン】2018年11月号・ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.11月号掲載のスタコンは、愛知県・ドルト、京都府・コクピット亀岡、兵庫県・シュヴァルツで開催。 月間チャンピオンに選ばれたのは、アウディQ5の内藤洋司サンです。15名のスタコン審査委員から107ポイントを獲得してのダント…

続きを読む...

【af imp.スタコン】2018年9月号・ランキング第1位〜第6位を発表!!

afimp.9月号掲載のスタコンは、岩手県・オートレットTRC、神奈川県・マニアックス、和歌山県・日正タイヤで開催。 afimp.9月号の月間チャンピオンに選ばれたのは、VWシロッコの吉田健太サン。15名のスタコン審査委員から82ポイントを獲…

続きを読む...

2 / 25123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...