『af imp.』

NEWS - 3ページ目

国産カスタム系ホイール「スーパースター」が輸入車市場で大躍進する理由

カスタムホイールの究極をカタチにした3ピース構造のメイド・イン・ジャパン国産のカスタムホイールメーカー、「スーパースター」の攻勢が続いている。往年のファンが喝采した懐かしの逸品『シェブロンレーシング』の復活を皮切りに、…

続きを読む...

伝統のホイールブランド“LINEA(リネア)”が欧州車の足元で輝きを増す

幅広い輸入車用サイズをラインアップするクリムソンの中心的ブランド「クラブリネア」数々の個性的なドレスアップホイールを展開する「クリムソン」の中でも、『リネア』ブランドは特別な存在だ。時々のトレンドに応じて、その作風はさ…

続きを読む...

ヨーロッパで人気を博している新進気鋭のホイールブランド「Zパフォーマンス」

エッヂの利いたボディラインを際立たせるホイールデザインオーストリア初の「Zパフォーマンス」は、まだ若いブランドだ。しかしヨーロッパでは多くのユーザーがデザイン性の高さに注目し、瞬く間にメジャーな存在へと駆け上がった。同社…

続きを読む...

レースでの勝利を追求した信頼性を実現する「BBSモータースポーツ」アルミ鍛造ホイール

ホンモノを履くという喜び。レース直系のスパルタンホイールさまざまなカテゴリーのレースにおいて、マシンの足元を支えるのが「BBSモータースポーツ」のレーシングホイールだ。ドイツに拠点を構える同社は、レーシングホイールの設計...

続きを読む...

おおらかなアメリカらしさをホイールで表現する『ロティフォーム』

異彩を放つ奇抜なホイールデザインがミニクーパーに圧倒的な存在感を与えるスポーク、フィン、メッシュ、それにディッシュといったホイールの基本形といわれるジャンルにとらわれない超越したフォルムで攻めているのが、「ロティフォー…

続きを読む...

BBSがメルセデスAMG C43用サイズのホイールを開発!プロトタイプをキャッチした

FRのCクラスには装着できるホイールが足まわりの形状からC43では履けない鍛造アルミホイールを代表する「BBS」が、2ピースホイール『LM‒R』でメルセデス・ベンツC43 4マチックに装着できるサイズ開発を進行中。そのプ...

続きを読む...

「TWS」が挑戦するモータースポーツから生まれた比類無き高性能ホイール

レースシーンと絶妙にリンクする5×2デザインのリアルスポーツ我々ユーザーがよく耳にする「レースからのフィードバック」という言葉。コンマ1秒を削り取るという至上命題を達成するために、さまざまなハードルを越えていく。製法や素...

続きを読む...

カジュアルとハイエンドを選択できる「ウェッズ」輸入車用ホイールラインアップ

輸入車ホイール市場に大反響を及ぼしたマーベリックとクレンツェの投入『ウェッズ』は、スポーツ系からドレスアップ系まで幅広いブランドを展開する、まさにホイール業界の巨人といえる存在だ。もともと国産車をメインターゲットにして…

続きを読む...

『ADVAN Racing』ホイールの真髄をキーパーソン萩原修氏にインタビュー

トレンドよりもアドバンレーシングらしく、ワンランク上を目指す姿勢も忘れない古くは1980年代の国産スポーツカーユーザーに始まり、今やヨーロッパの本格スポーツカーユーザーにまで支持される「横浜ゴム」の『アドバンレーシング』...

続きを読む...

3 / 23«...234...1020...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...