『af imp.』

NEWS 新着情報

ホイールの輝きを甦らせる「厳選クリーナー&コーティング剤・全8種類!

BBS認定のホイールクリーナーからドイツで人気のコーティングまで輸入車やスポーツブレーキパッドを装着したクルマは、ブレーキダストによるホイールが汚れやすいのが悩みどころ。その主な原因はブレーキパッドに加えてブレーキロータ...

続きを読む...

現行F系ミニはカスタム系ホイールサイズの選択肢が一気に拡大

カスタマイズ・ミニのプロショップが理想的な攻めたホイールサイズを伝授車両販売からメンテナンス、そしてハイエンドなカスタムまで、ワンストップで任せられることで人気の輸入車専門ファクトリー「ティーズクラブ」。日々のショップ…

続きを読む...

ガンコなブレーキダストを除去できる輸入車に最適なホイールクリーナー

バツグンの洗浄力でダストやタールを溶解目的別洗浄剤とコーティング剤を設定する輸入車や国産スポーツカーなど、高いブレーキ性能を持つクルマのホイールはダストで汚れやすい。そのダストの原因は、ブレーキパッドによって削られたロ…

続きを読む...

老舗ステアリングブランド「MOMO」が手掛ける新ホイールシリーズ

「モモ」としての高性能とデザイン性は付加価値を求めるユーザーの期待を裏切らない1964年、四輪レーサーだったジャンピエロ・モレッティがイタリア・ヴェローナで設立した「MOMO(モモ)」。そのブランドイメージを問われたら、...

続きを読む...

ファッション的鍛造アルミホイールの世界でメイド・イン・ジャパンを実現

理想の色香を求めて誕生した「バラマンディデザイン」いまフリークに欲しいアイテムを問えば、間違いなく上位に食い込むのが鍛造ホイールだろう。ひと口に鍛造ホイールといっても、国内市場に登場して20年以上が経過するが、当初はサー.…

続きを読む...

純正フォルムをリスペクトしたホイールデザインをする「グローラ」の妙技

デザインホイールの名手が放つイマの気分にジャストな新作現行モデルのクルマのスタイリングに違和感なく寄り添ってくれて、スタイリッシュさやフレッシュさ、さりげない個性が演出できるホイールが「グローラ」の新作『GS15R』だ。...

続きを読む...

Prodriveの誇る切削鍛造の高性能をデザインに注ぎ込んだハイエンドホイール

レースフィールドで得た実績を継承した革新のプレステージモデル走りに優れ、スポーツ指向のスタイルアップファンから厚く支持される「プロドライブ」は、鍛造削り出し製法による高品質なホイール造りが大きな魅力だ。この春デビューし…

続きを読む...

国産カスタム系ホイール「スーパースター」が輸入車市場で大躍進する理由

カスタムホイールの究極をカタチにした3ピース構造のメイド・イン・ジャパン国産のカスタムホイールメーカー、「スーパースター」の攻勢が続いている。往年のファンが喝采した懐かしの逸品『シェブロンレーシング』の復活を皮切りに、…

続きを読む...

1 / 7123...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...