クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

MCLAREN(マクラーレン) 記事一覧

バブル末期1990年代のF1パイロットを振り返る!「F1日本GP」前に「セナ・プロ対決」からシューマッハまでを懐かしもう

1990年代はスポーツカーだけではなく、F1を筆頭にモータースポーツも一大ブームになっていて、個性的な役者(ドライバー)も揃っていました。そうした、1990年代の素敵なドライバーたちを、2024年のF1シーズン開幕前に振り返ってみます。

700馬力にアップしたマクラーレン「アルトゥーラ」にスパイダーが追加! 11秒で開閉し最高速は330キロ!!

マクラーレン「アルトゥーラ」といえば、新開発の120度V型6気筒ツインターボエンジンにエレクトリック・モーターを組み合わせたハイパフォーマンス・ハイブリッド・スポーツカーとして知られていますが、そのラインアップに新たにオープンモデルの「アルトゥーラ スパイダー」が加わることになりました。その特徴をお伝えします。

アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】

クルマにとりつけられるエンブレムの図柄は、ブランドの数だけ存在します。そんななか動物をモチーフに選んだものは、昔から少なくはありません。今回は、動物をモチーフとするエンブレムを掲げたブランドのなかから、いくつかピックアップして紹介します。

最高速403キロの「スピードテール」が3億円で落札! マクラーレン「F1」を再構築した106台限定のハイパーカーとは?

2024年1月25〜26日、RMサザビーズがアメリカ・アリゾナで開催したオークションにおいてマクラーレン「スピードテール」が出品されました。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えします。

マセラティで20万マイルを旅したヨットレーサー「ジョヴァンニ・ソルディーニ」とのプロジェクトが終了。11年の偉業を振り返ります

11年間にわたり航海史に新たなページを刻む多くの偉業を成し遂げ、20万マイル以上の航続距離を達成した、ジョヴァンニ・ソルディーニとマセラティとのコラボレーションが幕を閉じます。ジョヴァンニ・ソルディーニとマセラティの⻑期にわたるパートナーシップは、2012年、モノハル艇マセラティVOR70のプロジェクトからスタート。2016年には、海洋航行フォイリング技術を導入したトリマラン艇マセラティMulti70に移行し、キールの下にフォイルを搭載した最初の船としてその技術の先駆者となりました。その内容を振り返ります。

約3億円と新車価格の3倍になったマクラーレン「P1」は、フェラーリ「デイトナ」と同じパターンのシートなどオプション満載でした

2023年12月8日、RMサザビーズがアメリカ・ニューヨークで開催したオークションにおいてマクラーレン「P1」が出品されました。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えします。

見た目はほぼ同じでも革命的に進化したマクラーレン「750S」! 第3世代に進化した「プロアクティブ シャシー コントール」の実力は?

マクラーレン720が750Sにモデルチェンジしました。720でさえ十分な感動を興奮を与えてくれましたが、はたしてマクラーレンは750Sをどのようなニューモデルに仕立ててきたのでしょうか。今回はポルトガルの一般公道と、GPサーキットであるエストリルでその走りを試してきました。

「3-7-59」の意味がわかったアナタはマクラーレンの沼オタ確定! 限定6台のマクラーレン「750S」を今すぐチェックして

マクラーレン・オートモーティブは、創立60周年を記念して「3-7-59」コンセプトのマクラーレン「750S」を初公開しました。「3-7-59」をテーマとしたバリエーションは限定6台で、すでに完売済みという超希少モデルの詳細をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS