クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

PONTIAC(ポンティアック) 記事一覧

ナイトライダー「ナイト2000」の「キット」の喋りまで完璧再現! R32「GT-R」から「トランザム」に戻った理由とは

1980年代に人気を集めた海外カーアクションドラマ『ナイトライダー』をおぼえている人も多いでしょう。そこに登場したのがお馴染みの人工知能「K.I.T.T.(キット)」を搭載するナイト2000。そのレプリカをポンティアック「トランザム」でつくってしまったオーナーを紹介します。

痛快スパイアクションがたまらない! プラハの街を爆走するポンティアック「GTO」を紹介します【映画とクルマ】

毎週土曜日に映画に登場する名車を紹介するコーナー。今回は、第1作「ワイルドスピード」で世界的ヒットを放った名コンビ、ロブ・コーエン監督とヴィン・ディーゼルが再びタッグを組み、2002年に公開されたスパイアクション映画「トリプルX(原題:xXx)」をお送りします。

ポンティアック博物館に「ファイヤーバード」で連れて行ってもらう。見どころは「ルート66」だけではありませんでした【ルート66旅_06】

広大なアメリカを東西2347マイル(3755km)にわたって結ぶ旧国道「ルート66」の魅力を紹介しながらバーチャル・トリップへご案内。イリノイ州シカゴからスタートしてまず最初に立ち寄りたいポンティアックの街では、その名の通りのポンティアック博物館も必見です。

トヨタ「スープラ」や日産「フェアレディZ」に影響を与えた「ファイヤーバード」は「Tバールーフ」でも一世を風靡しました

映画『トランザム7000』の劇中車として登場し、その名を知らしめることになったポンテアック「ファイヤーバード」。なかでもボンネットに火の鳥を描いた巨大なデカールを貼った最上級グレードのトランザムは、人気を博しました。そのファイヤーバード第2世代の通称「イーグルマスク」が「OAM2023」に展示されていました。内装はNEWINGによって新車当時のように蘇っています。
純ガソリンエンジンの魅力を凝縮したV8アメ車にいま乗るならドレ?

アメ車ですら電動化には抗えず……今乗らないと一生乗れなくなる「バカデカV8」のアメリカンマッスル車

アメリカまでもが環境を重視した政策を打ち出した今、今後は『ワイルドスピード』のドミニクの愛車のようなV8モデルは姿を消し、電気自動車や代替燃料を使ったクルマだけが生き残ることになる。そう、豪快なアメリカンV8に乗るのなら今がラストチャンスなのだ。

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS