「愛工房」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

貼るだけカンタン!スズキ・ジムニーを擦りキズと盗難から守るドレスアップアイテム登場

ウレタンをポッティング加工して質感アップ ノーマルでも十分に遊び心を感じさせるスズキ新型ジムニーを、グッと個性的にする数々のチョイ足しアイテムをリリースするのがモール専門店「愛工房」だ。同社のジムニー用製品は、ドレスア…

続きを読む...

取付簡単で安い! スズキ新型ジムニーの個性を高める「チョイ足しアイテム」

メルセデス・ベンツGクラスを彷彿とするプロテクターモールを2500円から設定 未だ納車まで数ヶ月以上と言われるほど大人気のスズキ・新型ジムニー。まだまだ専用ドレスアップパーツが少ないだけに、街中で見かける新型ジムニーはほ...

続きを読む...

    すき間の汚れがクルマを”ボロく”見せる!純正風にエアロパーツへモールを追加

    純正オプションのエアロには、ボディとのすき間を埋めるモールが付いている。幅わずか3〜5mmのパーツなのだが、これが劣化して変色してくると意外に目立ってくる。また、社外エアロパーツの一部は、モールが装着されておらず、ボディ...

    続きを読む...

    【問題】車検をパスできない可能性があるのは、どこでしょう?

    リヤワイパーレス仕様にしたときはモーターの軸も取り外さないと危険写真の中に、検査場によっては車検をパスできない可能性がある部分が1カ所あります。それはリヤワイパーです。とはいってもワイパーを外すこと自体は違法ではありませ…

    続きを読む...

      ドライブレコーダーの配線をスッキリ収納できる「ドラレコ取付けキット」

      DIYでドラレコを装着するとき電源ケーブルを美しく装着できるドライブレコーダーをDIYで装着するとき、本体からシガーソケットまでの配線を美しく取り回しできるのが「愛工房」の『ドラレコ取り付けキット(¥850/税・送料込み...

      続きを読む...

      「トヨタ・ハイエース」の内外装をDIYで簡単スタイルアップしちゃおう!

      特別な工具は一切不要!簡単、コスパ激高なハイエースカスタム!モール一筋・四半世紀の専門店、「愛工房(メグミこうぼう)」はクルマ用のアクセサリーパーツやプロテクターモールを製造しているブランド。自社工場を完備し企画から製…

      続きを読む...

      リヤワイパーが製廃されたR32スカイラインなどを美しく「レス化」する『ホールカバー』

      経年劣化でワイパーの付け根にサビ発生!ドレスアップではなく必然から取り外す日産R32型スカイラインでリヤワイパーユニットのアームを固定している部分は、ほぼどのクルマも錆びているといっても過言ではない。ところが、リヤワイパ...

      続きを読む...

      【DIY】手軽にワングレード上の質感を演出できる「メッキモール」

      純正パーツ並みの質感の高い光沢を実現ウインドまわりなどの輝きを際立たせるさまざまなモール類をリリースする「愛工房」から『12ミリ マイラー』と『9ミリ マイラー』が発売された。いずれも太さが異なる両面テープが付いたメッキ...

      続きを読む...

      1 / 3123

      ウィークリーランキング

      1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

        アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

      2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

        ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

      3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

        中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

      4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

        エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

      5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

        規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

      6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

        50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

      7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

        現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

      8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

        低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

      9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

        非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

      10. SCOOP!ホンダ「次期N-WGN」公道テストをキャッチ!偽装で隠されたデザインを徹底検証

        次期モデルも標準仕様とカスタムの2タイプ  自動車メーカーは、新しいク...