「愛工房」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

    すき間の汚れがクルマを”ボロく”見せる!純正風にエアロパーツへモールを追加

    純正オプションのエアロには、ボディとのすき間を埋めるモールが付いている。幅わずか3〜5mmのパーツなのだが、これが劣化して変色してくると意外に目立ってくる。また、社外エアロパーツの一部は、モールが装着されておらず、ボディ...

    続きを読む...

    【問題】車検をパスできない可能性があるのは、どこでしょう?

    リヤワイパーレス仕様にしたときはモーターの軸も取り外さないと危険写真の中に、検査場によっては車検をパスできない可能性がある部分が1カ所あります。それはリヤワイパーです。とはいってもワイパーを外すこと自体は違法ではありませ…

    続きを読む...

      ドライブレコーダーの配線をスッキリ収納できる「ドラレコ取付けキット」

      DIYでドラレコを装着するとき電源ケーブルを美しく装着できるドライブレコーダーをDIYで装着するとき、本体からシガーソケットまでの配線を美しく取り回しできるのが「愛工房」の『ドラレコ取り付けキット(¥850/税・送料込み...

      続きを読む...

      「トヨタ・ハイエース」の内外装をDIYで簡単スタイルアップしちゃおう!

      特別な工具は一切不要!簡単、コスパ激高なハイエースカスタム!モール一筋・四半世紀の専門店、「愛工房(メグミこうぼう)」はクルマ用のアクセサリーパーツやプロテクターモールを製造しているブランド。自社工場を完備し企画から製…

      続きを読む...

      リヤワイパーが製廃されたR32スカイラインなどを美しく「レス化」する『ホールカバー』

      経年劣化でワイパーの付け根にサビ発生!ドレスアップではなく必然から取り外す日産R32型スカイラインでリヤワイパーユニットのアームを固定している部分は、ほぼどのクルマも錆びているといっても過言ではない。ところが、リヤワイパ...

      続きを読む...

      【DIY】手軽にワングレード上の質感を演出できる「メッキモール」

      純正パーツ並みの質感の高い光沢を実現ウインドまわりなどの輝きを際立たせるさまざまなモール類をリリースする「愛工房」から『12ミリ マイラー』と『9ミリ マイラー』が発売された。いずれも太さが異なる両面テープが付いたメッキ...

      続きを読む...

      乗降時のスリップ事故を防止する『セーフティー・ウォーク』

      濡れた靴底でステップを踏んでも滑らないミニバンなどスライドドア車には必須アイテムミニバンなどで乗り降りするとき、ステップ(スカッフプレート)を踏んでいることだろう。メーカーでも滑りにくくするためPP製のカバーにスリットな.…

      続きを読む...

      壁ドン!してもキズ付かない「ドアエッジモール」

      目立ちにくいけど効果はバツグン!ドアエッヂを守るプロテクターモール狭い駐車場などでのクルマからの乗降でドアを大きく開けられないとき、壁などに接触して付いてしまうのがエッヂ部のキズ。そんなとき状況でおすすめなのが「愛工房…

      続きを読む...

      1 / 3123

      ウィークリーランキング

      1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

        超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

      2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

        "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

      3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

        SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

      4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

        ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

      5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

        チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

      6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

        SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

      7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

        富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

      8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

        一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

      9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

        自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

      10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

        日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...