「旧車」の記事一覧 - 10ページ目

さらに車種で絞り込む:

かつて人気のスポーティタイヤ復刻!今どきのクルマでの性能チェック

タイヤは大進化してボディ剛性も大幅アップ! 1980年前後に一世を風靡したスポーツタイヤ、ヨコハマタイヤ『アドバン・タイプD』、ピレリ『P7』が復刻されている。それらのタイヤは、何のために、そして当時の性能と比べて復刻版...

続きを読む...

レーシング・フェラーリF40が約6億円で落札! 最新スーパーカーも出品されたRMオークション

ヒストリーのあるクルマが上位に RMサザビーズは、2月6日にフランス・パリで開催したクラシックカーイベント「レトロモビル」と並行してRMオークションをおこなった。今回の「パリ・オークション」には、85台のクルマが出品。そ...

続きを読む...

日本の名ドライバーを輩出したジュニアフォーミュラ「FL500探求 Part.2」

70年代後半にはハイレベルなバトルへ、FLレースの歴史とマシンの全貌を探る 前回は、70年代前半に生まれたミニF1「FLマシン」について紹介した。今回はpart.2として、70年代後半に登場してきたマシンの紹介とともに、...

続きを読む...

まるで新車のような「ホンダCR-X無限PRO II」を展示!旧いホンダ車を蘇させる新たなアプローチ

新世代VTECエンジンへの換装を提唱 インテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2019では、80年代~90年代のホンダ・コンパクトを多く見つけることができる。そんな中でも多くの注目を集めていたのが「OSAKA JDM...

続きを読む...

快適さと便利さは譲れない!オリジナルパーツにこだわらない旧車レストア術とは

王道のレストア方法とは真反対のアプローチ インテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2019にて、オリジナルを忠実に再現する旧車レストアの王道に対し、まったく違う方向からアプローチする3台のスカイラインを発見した。カス...

続きを読む...

TRDがトヨタの新旧スープラを展示した本当の理由とは

国内初披露スープラと並んで先代80型を展示 モータースポーツ活動やカスタマイズパーツをTRDブランドにて展開する、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、2019年2月9日から11日までの3日間、インテックス大阪に...

続きを読む...

10 / 23«...91011...20...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

    希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

  10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

    クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...