「旧車・クラシックカー」の記事一覧 - 2ページ目

「旧車・クラシックカー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

R32GT-Rと並ぶ「歴史的名車」! 「プリメーラ」は何故今も「傑作セダン」と称えられるのか

「901運動」によって誕生した「FF」4ドアセダン 1980年代に世界で業績を伸ばしていった日本車。当時、海外の一流ブランドと肩を並べるにはまだ足りないものがあるといわれていたなかで、トヨタは圧倒的な静粛性を実現したレク...

続きを読む...

実は微妙に意味が異なる「同音意義」グレード名! 「RS」と名乗った「国産名車」9台

共通する「走り」の中に狙いが異なる各メーカーの狙い 走りを意識したグレードのクルマに掲げられる事の多い「RS」。ここ最近だと昨年末に登場したホンダ・N-ONEにあるターボ&6MT(CVTもあり)モデルがそれだ。ところでこ...

続きを読む...

再び完売必須! ランボルギーニ「ミウラ」と「ミウラSVR」が京商から再登場

2台揃えたくなるディテールに注目! 現行モデルからクラシックカーまで幅広い車種を手掛けている模型メーカーの京商。同社のオリジナルブランドからダイキャスト製1/18スケール「ランボルギーニ・ミウラP400S」と「ミウラSV...

続きを読む...

「グループA」を席巻した伝説の「カルソニックスカイライン」! 現存する「本物の3台」が辿った数奇な「運命」

「グループA」で圧倒的速さを魅せたGT-Rの存在 1985~1993年に開催されていた「全日本ツーリングカー選手権」は通称「グループA」と呼ばれている。現在40代後半から50代のクルマ好きにとって、鮮明な記憶として残る伝...

続きを読む...

印象的だったのは「速さ」より「コーナリング」性能! 元ワークスドライバーが語る「トヨタ2000GT」真の実力

伝説の「2000GT」新車当時はどんな乗り味だったのか 生産台数の少なさやその美しいスタイリング、中古車価格の高騰など、半ば伝説と化しているトヨタの2000GT。新車当時の乗り味はどうだったのか? 当時、トヨタのワークス...

続きを読む...

往年の「走り屋」テイストを緻密に再現! 「トヨタ・カローラ レビン カスタマイズ」がインターアライドから発売

あえてノーマルではなくカスタムモデルを再現 旧車から新車まで幅広い車種を取り扱う模型メーカーのインターアライドから、同社オリジナルブランド“ハイストーリーシリーズ” のレジン製1/43スケール「トヨタ・カローラ レビン ...

続きを読む...

時代を先取りし過ぎた「軽自動車のEV」! i‐MiEVが果たした「大きな役割」とは

電動化時代へ移行する中 i‐MiEVは生産終了 三菱自動車工業のi‐MiEVは、世界初の量産市販電気自動車(EV)として2009年に法人向け販売が開始され、翌年に一般消費者へも売り出された。そして今年の3月で生産を終えた...

続きを読む...

「旧車乗り」最大の敵! 13年超車の「重課税」は何故「愚策」なのか

結局のところ、いわゆる「13年ルール」は何のため? 毎年5月は自動車税と軽自動車税の納期。それらは共に地方税で、各自治体や市町村の財源となり、かつ一般税扱いなので、クルマに関連しない公共事業に利用できる財源でもある。した...

続きを読む...

2 / 10712345...»