「旧車」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

日産の技術を育てたラリー参戦日産のモータースポーツ活動というと、歴代スカイラインを代表とするサーキットのイメージが強いが、じつは1950年代から1990年代まで「ラリー」にも積極的に参戦していた。その主戦場は、もっとも過...

続きを読む...

W140型 Sクラスというメルセデスが威信をかけた至高のベンツ

巨大化した威風堂々のボディサイズでバブル末期の日本で評価された第三世代プレミアムサルーンのベンチマーク的な存在として、メルセデス・ベンツのSクラスは先進的な技術を搭載。常に時代の先端を歩んできた。その歴史において1991...

続きを読む...

1985年以前の懐かしいF1マシンだけが参戦できる「マスターズF1」が日本で初開催

ヒストリックカーレースに参戦する唯一の日本人久保田克昭選手が躍進の走りを見せた!メジャーレースシリーズも閉幕し、国内モータースポーツ界も一段落した2018年11月17~18日、鈴鹿サーキットでは「RICHARD MILL...

続きを読む...

タトラとシュコダを堪能する「創業から第一次世界大戦前後のタトラ」

チェコ共和国を代表する自動車メーカーへ以前紹介した「FIAマスターズ・ヒストリックF1レース」を取材したのは6月。ドイツに程近いチェコのサーキット、オートドローモ・モストがその舞台だった。そもそもチェコを訪問したのは、も...

続きを読む...

トヨタの高級セダン「初代セルシオ」が80万円以下で買える【旧車セダン購入ガイド】

発表された29年前の新車価格は約670万円!欧米でブレイクした日本が誇る高級車セダンの世界基準を変えたとも言われた1989年に登場した初代トヨタ・セルシオ。一説には、その車内静粛性の高さに驚いたメルセデス・ベンツが発表直...

続きを読む...

2 / 10123...10...»

ウィークリーランキング

  1. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  2. キャンピングカーの「バンコン」と「キャブコン」を選ぶ基準4つ

    ひと口にキャンピングカーといっても「バスコン」「キャブコン」「バンコン」...

  3. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  4. 1度限りの800台限定! 日産R35 GT-R トラックエディションの1/43ミニカー発売

    カーボン製スポイラーまでを忠実に再現 ミニカー専門店のモデルギャラリー...

  5. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  6. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  7. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  8. 「三菱デリカ D:5 」1/43スケールモデルがインターアライドから2019年2月に登場

    アウトドア界で人気のミニバンがモデル化 幅広い車種をモデル化しているホ...

  9. 「キャンピングカー」を運転するときに必要な免許とは

    車両重量3.5トン未満なら普通免許でOK 公道を走れるボディサイズなら...

  10. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...