「旧車」の記事一覧 - 3ページ目

さらに車種で絞り込む:

日本の車検システムが厳しくなる!? アメリカ式からヨーロッパ式への移行で変わることとは

増加する公認車検取得の背景 クルマを所有している人には、切っても切れない「車検」の話。ノーマルで何もかもディーラー任せならいざ知らず、カスタマイズ好きならば”合法”と”非合法̶...

続きを読む...

昭和の若者が憧れた「2トーンカラー」 クルマのキャラクターを印象づけたボディ色を振り返る

昭和30年代に登場していた”塗り分け” 最近よく目にするようになったツートーンのボディカラー。2つの色を塗り分けることで、精悍なイメージを強調したり、またはキュートな雰囲気を漂わせることができ、視...

続きを読む...

高級車が採用する「オルガン式アクセルペダル」踏み間違い事故の抑制に効果あり!

メルセデス・ベンツが採用する”重たい操作感” メルセデス・ベンツのアクセルペダルは、安全性やドライバーの意思にクルマが的確に反応する事を考慮して設計。吊り下げ式ではなく、ペダルをフロアに取り付けた...

続きを読む...

細部までリアル! ランボルギーニ・アヴェンタドールやコカコーラデザインのミニカーが登場

プレゼントとしても喜ばれるアイテム 大人から子供まで幅広い年齢層に親しまれているミニカーやプラモデルの最新情報をお届け! 青島文化教材社からはプラモデルのランボルギーニ・アヴェンタドール。京商からはイギリスのホビーメーカ…

続きを読む...

40代以上は懐かしく、若者には新鮮?「令和になって消えてしまったクルマの装備5つ」

時代の流れや技術の進歩に勝てず…… ひと昔ならば当たり前、でも最近は見かけることがなくなったクルマの装備。年代によって感じ方は違うかもしれないが、いま40~50代のドライバーが「懐かしい」と思えそうな代表的なアイテムを集...

続きを読む...

東京オリンピック再び! 1964年と2020年の「聖火リレー伴走車」今昔物語

オリンピックの聖火を伝えゆくクルマ 開幕が近づいてきた東京オリンピック。聖火がギリシャから届くのは3月20日。場所は東日本震災から10年が経過し、復興を遂げつつある東北宮城県の松島市。近隣の地点を経て26日に福島県楢葉町...

続きを読む...

昭和の東京オリンピックをクルマで振り返る!旧車イベントで見付けた奇想天外なドイツ車

ヒストリックカーの人気衰えず「Nostalgic 2days」 2月22日(土曜)~23日(日曜)の2日間、神奈川県横浜市のみなとみらい地区にあるパシフィコ横浜では年初恒例となったヒストリックカー・イベント、Nostal...

続きを読む...

ミラージュからハスラーまで、車名を復活させて失敗した例と成功したケース

コンセプトが変わったのも時代の流れ 車名というのはじつに難しいものである。クルマのキャラクターを的確に表さないといけないし、響きもいいものでないとダメ。さらに覚えやすさや親しみやすさなども重要になる。自動車メーカーには…

続きを読む...

3 / 61«...234...102030...»