「旧車・クラシックカー>ワゴン」の記事一覧

「旧車・クラシックカー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

100年続くにはワケがある! スズキの底力を思い知らされる歴代名車8台

スズキは創立100周年を迎えた 日常の足となる軽自動車やコンパクトカーを得意とするスズキが2020年3月15日、鈴木式織機株式会社の創立から数えて100周年を迎えた。 第二次世界大戦後に二輪車、四輪車、船外機、発電機へと...

続きを読む...

クルマの色は「白か黒が高く売れる」はもう古い! 最新の中古車ボディカラー事情とは 

クルマの色は中古車市場でどう判断されているのか 中古車の販売店によると「中古車を選ぶ時、ボディカラーにこだわるお客様は多い。アンケートを取ると、約60%がボディカラーを気にする。年式や外観のキズと同じくらい、購入に影響を.…

続きを読む...

手に冷や汗をかくモデルも存在した! 「ミッドシップ」を採用した国産車5選【後編】

煮詰められたら名車入り間違いなし 重心がクルマの中心に集まっている「ミッドシップ」は、運動性能を考えたら一番有利なレイアウト。しかし、単にミッドシップであれば無条件で走りがいいわけでもなく、これまでの国産ミッドシップは…

続きを読む...

クルマの「シートリペア」って? 査定でも有利に働く、価値ありメニュー現場に潜入

認知度は低いが、費用対効果バツグンの修理 世界的にみて日本人はクルマを大切にする。街にゴミが落ちていないというキレイ好きな国民性なのか、クルマに対しても徹底的に綺麗にする傾向が強く、いつまでも美しく乗りたいという人が多…

続きを読む...

セリカLBからアコードまで! 昭和に登場した名ハッチバック車を振り返る

若者向けのボディスタイルを強調 ファミリーカーといえばミニバン、実用性重視のコンパクトカーならば2ボックス、フォーマルユースなら4ドアサルーンという、自動車のボディ形式は、用途、目的に応じて最適な”カタチ&#...

続きを読む...

50年前にタイムスリップ! 個性に富んだ軽自動車「サブロク」を振り返る

モータリゼーションを支えた日本独自の規格車 流麗な2ドアクーペ、ダイナミックなスポーツカー、そして本格的な乗用車として普及した“大衆車”と呼ばれた小型乗用車もありました。60年代の名車たちのなかでも、日本のモータリゼーシ...

続きを読む...

【女子にモテるクルマの今昔物語】六本木のカローラから現代版の最強イケ車まで

80〜90年代に経験した甘くてホロ苦い思い出 いまや、女性からチヤホヤされる”モテグルマ”というもの自体、ほぼ絶滅したが、80年代から90年代にかけてを知る者にとっては、懐かしきバブル期のモテグル...

続きを読む...

意外な共通点もあった! 国産自動車メーカーの歴史とルーツ【ダットサン・スバル・ダイハツ編】

日本の産業界の姿が重なる3社「日産」は、その歴史をたどるなかでもっとも古くから自動車製造と関りをもってきたメーカーである。その過程でプリンス自動車工業と合併したことは有名だが、プリンスと同様に航空機産業から歩みだしたの…

続きを読む...

1 / 1212345...»