「旧車>ワゴン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

アクセルを踏みながらの始動は無用 かつて、ソレックスやウェーバーという「キャブレター」を採用した高性能エンジンが証だった頃、冷間始動(コールドスタート)させるには、一連の儀式があった。電磁式燃料ポンプの場合、ACCまでキ...

続きを読む...

嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

現代では新鮮に映る当時モノ クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ物などには流行がある。その当時はこのブームが一生続くのではないだろうかと思ったりするが、実際は流行というのは去るし、去ってしまうとこれがまた恥ずかしい…

続きを読む...

古臭いデザインなのになぜ? クラシック系ホイールがブームになっているワケ

アフター業界に押し寄せる復刻ブーム 驚くほどの価格高騰を続ける旧車。そんな空前のブームを受けてか、カスタムを支えるホイールメーカーでは、クラシックなデザインへと回帰する逆転現象が巻き起こっている。例えば「ワーク」では19.…

続きを読む...

不人気車でもビックリ価格! クラシックカーが世界中で高騰しているワケ

希少性以外のヒストリー面で価値がある 世界から届く、自動車オークション関連のニュースで「●●がナン億円で落札された」という記事を見かけることがある。あるところにはお金があるのだなあ、としみじみ痛感。なかには50億円以上で...

続きを読む...

歴史がブランドをメジャーにする! ロングセラーな国産長寿車ランキング<後編>

日本社会の戦後復興を下ざさえし続けてきた 戦後経済復興を成し遂げてきた日本では、自動車産業が基幹産業です。国内で自動車が普及し始めてきた1950年代後半から現在まで、存在し続けてきた自動車のブランドには、日本社会の活性化...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

    希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

  10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

    クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...