「旧車>ワゴン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

旧車を所有するリスク! 古いクルマを憧れだけで購入すると痛い目にあう理由

保険や税金、部品の入手を悩みと思うか否か 一時の高騰ぶりは少し落ち着いた感はあるが、高値維持というのは変わらないし、イベントやカーショーをみても旧車の人気は未だに高い。レストア済みの車両も増えてきて、一見すると「普通に…

続きを読む...

軽自動車の進化とライバル列伝「5メーカーがしのぎを削りあった名5番勝負」

切磋琢磨で進化してきた日本が誇るクルマ 日本が世界に誇る“モノづくり”によって進化してきた軽自動車。そもそも国内に軽自動車というカテゴリーが誕生したのは、今から70年前、戦後間もない1949年(昭和24年)のこと。当初は...

続きを読む...

「平成の自動車チューニング」いつの間にか消えてしまったもの5選

クルマの進化や環境問題で必要性がなくなった 時代は世につれ……。あるときは流行っていたのに、時が経つと忘れ去られてしまうものはいろいろとある。もちろん自動車のアフターパーツ関係も同じくだ。とはいえ、クルマの場合は人々の関.…

続きを読む...

ライバル心を燃やすキャッチコピーも! 昭和に大流行&話題になったクルマのCM5選

インパクトのあったCMを懐かしむ「コマーシャルは時代を移す鏡」と言われて久しいが、クルマのCMにも名作は数限りなくある。もはや令和の時代になったが、やはり自動車もそのCMも一番輝いていたのは昭和の後半だろう。その中でもと...

続きを読む...

シーケンシャルシフトから運転支援システムまで、いまや当たり前となった「クルマの革新的装備4つ」

飛躍的に進化した20年の技術 クルマの技術は日進月歩、かつては高級車やスポーツカーだけと思われていた贅沢装備も、普及期を経て大衆車にも標準装備されるようになった。例えば「SRSエアバッグ」が国産車に初採用されたのは198...

続きを読む...

画期的だけど消えてしまった「クルマにあった変わり種な珍オプション装備」

現代に復活してほしい装備もあった オプションパーツといえば、愛車の付加価値をオーナーの好みに合わせて色々と選べる世の中。かつてはレザーシートなど贅沢思考のオプションばかりかと思ったら、真面目に使い勝手を考えた装備もあり…

続きを読む...

【画像33枚】懐かしの商用車! いまなお同じネーミングを引き継ぐ働く昭和のバン&ワゴン

日本の高度成長を支えた商用モデル 日本の高度経済成長を支えた要素の一つに、昭和の商用車は外せない。そう働くクルマがあったからこそ、経済が動いていた。ユーザーカーが主体の旧車イベントに行くと、そんな商用タイプの旧いクルマ…

続きを読む...

90年代に熱視線を送るアフターパーツ業界、ネオクラシック国産車のカスタムにブーム再燃か

いい味が出てきた「バルブ世代」のクルマたち 現在、旧車と呼ばれる70年代の国産車が人気となっている。なかでもハコスカやケンメリといった日産スカイライン、フェアレディZ(S30)といった旧車は、中古車市場では大高騰しており...

続きを読む...

1 / 8123...»