「タグ: アウディ」の記事一覧

ヨーロッパで人気を博している新進気鋭のホイールブランド「Zパフォーマンス」

エッヂの利いたボディラインを際立たせるホイールデザインオーストリア初の「Zパフォーマンス」は、まだ若いブランドだ。しかしヨーロッパでは多くのユーザーがデザイン性の高さに注目し、瞬く間にメジャーな存在へと駆け上がった。同社…

続きを読む...

この肢体は刺激的!シンプルなホワイトボディにグラフィックスが映えるアウディTT

ワイヤーホイールとグラフィックスでヨーロピアンスポーツクーペをキメる一見アメリカンからもっとも遠いところにあるクルマ、ヨーロピアンスポーツクーペの典型アウディTT。そのヨーロピアンスポーツをベースにローライダーカスタム。.…

続きを読む...

天井に煌めくスターダスト!時代の最先端をいく「ニューイング」のインテリアカスタム

これぞ最新最上級のインナーカスタム斬新な内装スタイル提案をさまざまに具現化してきた「ニューイング」が放つ最新バージョン。それは、星空のごとき光の演出がきらめく、まさに贅を尽くした極上コンプリートだった。そんなアウディR8.…

続きを読む...

23歳で乗るからこそ価値がある。若きオーナーが1000万円の輸入車に乗る単純なワケ

今だけしか味わえない貴重な経験、無理してでも装着したいパーツがあったまさか、こんな若いヤツが乗っているとは……、といった他人のリアクションを見てほくそ笑むオーナー。そんなことも、まさに今だけしか味わえないとっておきの経験.…

続きを読む...

700万円を費やした正統派チューニングカー「アウディS4」の正体

速く走らせるための本気メイキングで500psをアクセル全開で攻める走りの魅力にどっぷりと浸かれるのは若さの証し。速さを得るためにはクルマ作りも妥協したくないし、巧みなドライビングのための努力も惜しまない。そんなひたむきに...

続きを読む...

アウディ人気は今なお進行中!! 注目したいカスタムAudi6選【大阪オートメッセ2018】

AUDIカスタマイズも盛り上がってますっ! 「大阪オートメッセ2018(2月10〜12日・大阪・南港インテックス大阪で開催 )」のインポートカー勢の中でも、AUDIは人気車種のひとつ。ド迫力のワイドボディからワ...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...