クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • TAG
  • エアロ

「エアロ」の記事一覧

2ドアのランボルギーニ「ウルス」誕生! 限定8台のマンソリー「ヴェナトゥス・クーペ・EVO C」とは?

マンソリーから、ランボルギーニ「ウルス」をベースとした限定モデル「ヴェナトゥス・クーペ・EVO C」がリリースされました。詳細を紹介します。

782馬力、最高速311キロのランボルギーニ「ウルス」ベースの「エステソ」が誕生!「ノビテック」マジックで敵なしのSUVに進化しました

ドイツのノビテック・ロッソが最新モデルを製作しました。ベースとなるのはランボルギーニ「ウルス」で、その名も「ESTESO(エステソ)ワイドボディ」がデビューとなります。どのようなチューニングが施されているのか、詳しくお伝えします。

日産R35GT-R開発ドライバーが独自に追い求めるGT-Rの理想の姿とは

全日本ツーリングカー選手権(グループA)ではGT-Rを走らせていた鈴木利男氏。R35GT-Rの開発ドライバーとしても有名だ。現在はR35を得意とする専門ショップ『ノルドリンク』を立ち上げている。2007年から乗り続けるR35GT-Rは愛車兼開発車両。現在も自分の理想を追求し、オリジナルパーツの開発やチューニングに勤しむ
ハセ・プロによる三菱アウトランダーPHEVデモカー

アウトランダーPHEVに更なるプレミアム感をプラス! ハセ・プロの貼付けアイテムと専用エアロがもつ衝撃クオリティ

まずは写真をご覧頂こう。このクルマが国産車に見えるだろうか? それとも欧州車に見えるだろうか? この存在感、オーラは日本車のそれとは大きく違うように感じる。答えを明かすと、ベース車両は三菱のアウトランダーPHEV、コーディネイトしたのはハセ・プロだ。

「ロリンザー」ってどんな会社? メルセデスとの関係は? ドイツ本社に突撃してみた

メルセデスベンツのドイツチューナーと言って、真っ先に思い浮かぶのがLorinser(ロリンザー)ではないだろうか?日本でもお馴染みのブランドだ。ドイツ本社にて代表にインタビューを敢行し、ロリンザーの過去・現在・未来について、そしてアイデンティティについて話をうかがった

新型を速攻カスタマイズ! 往年のTE27オマージュの「トムスGR86」&初代デザイナーの力作「サードGR86」

まだ発売前なのにGR86のカスタマイズやチューニングが熱い。名だたるチューニングメーカーがそれぞれの考える「GR86像」をすでに発表している。FUJI 86 Style with BRZでお披露目されたデモカーのうち、トムスとサードの提案について、深掘りしてみよう!

ストリートで映えるシンプル美! トヨタ・ハイエースにGRスタイル・エアロを纏う

新車ベースのコンプリートカーとして販売  愛知県でトヨタ・ハイエースの新車&中古ベースのコンプリートカーを積極的に手掛け、さらにオリジナルパーツの開発にもチカラを入れる「GR8」。今回、同社オリジナルのエアロパー […]

ポン付けモジュールでBMW X3を30馬力アップ!機能性と美しさを追求する「3D Design」とは

国内外で支持される日本発祥のBMWチューナー  BMWのチューニングアイテムやドレスアップパーツの開発&販売をする「3D Design(スリーディー・デザイン)」からBMW現行X3 用の新作エアロパーツなど、さまざまなア […]

share:

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS