「タグ: カスタム」の記事一覧

嗚呼、悲しくも消えてしまった懐かしのクルマのカスタム文化「総集編・後編」

かつては大ブレイク、いまや絶滅危惧へそんなアフターのシーンを振り返りクルマのアフターパーツや飾り方は、この20年ほどで大きく様変わりしました。例えば、エアロパーツ。かつてのミニバンやセダンのカスタムでは大きく張り出した形.…

続きを読む...

「大阪オートメッセ2018」がスタート、ミニバン&ワゴンの最先端シーンがココに!

新作エアロのパーツデモカーをはじめ、学生の手がける注目の作品群も目白押し2月10日(土)〜12日(月・振休)に開催中の「大阪オートメッセ2018」といえば、全7つの号館に別れて各種カスタマイズカーが展示されている。それぞ...

続きを読む...

走りも楽しく家族にも優しい低床ミニバン「ジェイド」で遊ぼう【カスタム・マイナー車選び】

居住空間はハイト系に負けるけど、スタイルアップでカバーできる素質あり!人気車種ならば、街中で埋もれてしまう。数少ないマイナー車ならば、ちょっぴり手を加えるだけで目立ちやすく個性も発揮しやすい。そんな、あえて不人気な車種…

続きを読む...

「VWゴルフ3」で勝負するならば”ユルかっこいい”が正解【ネオクラカスタム】

どこか“ドンくさい”雰囲気をちゃんと残して魅力に変える輸入車スタイルアップの魅力を広く知らしめた名車、VWゴルフ3(Mk.3)。それをイマ乗りこなすなら、軸は純正基調&シンプルに置きたい。独特のユルさを生かすことで、&#...

続きを読む...

「SUBARU」の純正エンブレムを自分好みにデコレートしちゃおう

ベースや6連星をそれぞれ好みにカラーバリエも豊富にラインアップスバリストにとって、六連星を描いた純正エンブレムは特別なもの。エンブレムをレス化する手法は人気だけど、ことスバル車に関しては、ハズすわけにはいかない重要なアイ…

続きを読む...

古臭さはセンスでカバー! 型落ちの輸入車をイジって楽しむ【アウディ・オールロード】

数少ないアウディのネオクラを「クワトロ」で挑戦する意外性オーソドックスなダブルフレームグリルがムードを盛り上げている「初代オールロード・クワトロ」。現在のアウディに採用するシングルフレームグリルを見慣れた目には、じつに…

続きを読む...

【DIY】トヨタ・80ノア前期から「後期ルック」へ。必要パーツと工程を追う

ヴォクシーとエスクァイア乗りも必見純正パーツの価格と品番を公開7月のマイナーチェンジを経て、フェイスの印象がガラリと変わった、トヨタ・ノア、ヴォクシー、エスクァイア。イメージが一新されてスタイリッシュになった3兄弟は、前.…

続きを読む...

買取のプロに聞く「こんなカスタム&チューニングはプラス査定」

イジったクルマは査定にどう影響する!?カスタム専門店のプラス評価はこうだ!いろいろとこだわって、チューニングやドレスアップを施した自慢の愛車。パーツも一流メーカー品を付けていたりしても、一般的にその部分はプラス評価されな.…

続きを読む...

1 / 6123...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  5. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...

  10. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...