「タグ: カスタム」の記事一覧

プラモデルでカスタムを楽しむ「トヨタ・ハイラックス ニューオールドスクール ’95」 

1/24スケールで迫力のカスタムが可能プラモデルメーカー「青島文化教材社」は、ザ☆チューンドカーシリーズの1/24スケール「トヨタ・ハイラックス ニューオールドスクール ’95」を発売した。価格は税抜き280...

続きを読む...

ミニバンのカスタムでオススメの中古車は? 100万円で買えるベース車5選

「イジって楽しむ」という視点からチョイス 日本国内はデフレ基調がまだまだ続いているというのに、新車の値段は確実に上がっている。おかげで中古車価格のチェックに余念がないというクルマ好きも少なくないだろう。今回は、予算100...

続きを読む...

ディーラーが提案する「純正オプションを駆使して作り上げたトヨタ・シエンタ」

遊び心をプラスした車検対応ミニバン 9月に追加されたトヨタ・シエンタの2列シート&5人乗りに、「MTG(宮城トヨタグループ)」が異色ともいえるカスタムを施した1台を東京オートサロンでデビュー。ディーラーならではの安心感を...

続きを読む...

カローラスポーツがスポーティに変身! TOM`Sが提案するカスタムエアロ車両3台

若者が興味を引きそうなルックスで登場トヨタ車向けのアフターパーツの開発・販売を手掛け、セミワークスチームとしてモータースポーツでも活躍する「TOM’S(トムス)」は、「東京オートサロン2019」でカスタマイズ車両3台の展...

続きを読む...

アラフォー世代はドストライク!ロケバニでおなじみ「TRA京都」が手がける最新ワイドボディ

純正のイメージを大きく損なわずスープアップ「ROCKET BUNNY PANDEM」のボディキットで知られるTRA京都のブースには、アラフォー世代以上にとってドストライクとも言える80年代を代表する車両を展示。旧世代の車...

続きを読む...

格好だけじゃない! エアロパーツの装着するメリットとは

操作性の向上につながるクルマをドレスアップするときに、エアロパーツやホイールは欠かせないもの。なかでもエアロパーツは、エクステリアのイメージを変える重要なパーツで、「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リアスポイラ…

続きを読む...

トヨタ直系カスタムブランド「TRD」と「トムス」のそれぞれの違いとは

TRDはトヨタ直系のワークスチーム「TRD」も「トムス」もトヨタのモータースポーツ活動の看板ともいえるブランドだが、両社には大きな違いがある。簡単にいえばTRDはトヨタ直系のワークスチームで、トムスはトヨタのオフィシャル...

続きを読む...

1 / 7123...»

ウィークリーランキング

  1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  2. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

    キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

  3. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  4. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  5. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  6. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

    独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

  9. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  10. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...