「タグ: コーティング」の記事一覧

    洗車後の拭き上げ感覚でプロ級のコーティング!流撥水を実現するKUREルックス レインコート

    最長6ヶ月効果を持続してボディを守る 最長6ヶ月の超耐久撥水ボディコートを実現するのが、防錆・潤滑に役立つ『5-56』シリーズや整備用ケミカルなどでお馴染みのKUREの『ルックス レインコート』。UV(紫外線)によるボデ...

    続きを読む...

      ガソリンスタンドと専門店「自動車コーティング」の施工価格に大きな差があるワケ

      下地処理の差がモノを言うコーティング いまや、自動車の洗車において「ボディコーティング」は当たり前の存在になった。汚れがつきにくく、塗装面を強力に保護してくれるなど、新車時から施工している人も多いだろう。最近では施工し…

      続きを読む...

      ホイールの輝きを甦らせる「厳選クリーナー&コーティング剤・全8種類!

      BBS認定のホイールクリーナーからドイツで人気のコーティングまで輸入車やスポーツブレーキパッドを装着したクルマは、ブレーキダストによるホイールが汚れやすいのが悩みどころ。その主な原因はブレーキパッドに加えてブレーキロータ...

      続きを読む...

      結局のところ「コーティングとワックス」、どっちがいいの?

      ワックスならではのツヤ感か、手軽さで人気上昇中のコーティングかボディケアの要となるのが、ワックスだ。さらに最近ではコーティングも人気となっている。どちらも車体の塗装面を保護することから、ひと括りでワックスと呼んでいる人…

      続きを読む...

      「コーティング剤に求めるのは光沢 or 撥水?」洗車も自分好みにカスタムできる時代に

      オプション感覚な1本を加えるとスパシャンの威力がさらにパワーアップカンタンな施工で圧倒的な撥水性とツヤ感を獲得できる「スパシャン2018」。いま話題のDIYコーティング剤に、新感覚な”オプション”...

      続きを読む...

      大型車向けだから効果も手軽さもバツグン!「洗車アイテム」4つ

      純国産のケミカルシリーズだから安心トラック用だから究極の手軽さと効果愛車を常にキレイにしておきたいということは、誰しもが思うこと。それが、どうしても時間がかかってしまう車体が大きなトラックの洗車でも、手軽で簡単にできる…

      続きを読む...

      【売れ筋ランキング】コート剤はカンタン施工で効果も多様化

      手軽にツヤツヤは必須条件付加価値をじっくりチェックカー用品店「オートバックス」の売れ筋ランキングにおけるコート剤の上位の顔ぶれをみると、共通しているのは簡単/スプレーするだけ/拭くだけ、というウリ文句の商品が並んでいま…

      続きを読む...

      「コーティング剤」や「DIYハンドル張り替え」が無料体験できる【スーパーカーニバル2016】

      体験すれば安心して購入できるというもの限定プレゼントやイベント特価販売もある10月9日(日)に大阪市舞洲スポーツアイランドで10時より開催されるドレスアップワゴンの祭典「スーパーカーニバル2016」。カスタムしたミニバン...

      続きを読む...

      1 / 212

      ウィークリーランキング

      1. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

        自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

      2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

        40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

      3. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

        中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

      4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

        小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

      5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

        「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

      6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

        実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

      7. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

        トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

      8. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

        夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

      9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

        悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

      10. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

        70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...