「タイヤ」の記事一覧 - 14ページ目

「タイヤ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

冬こそタイヤの空気圧を高めにしたほうが理由とは

気温が低いと空気は収縮タイヤの空気圧が低下する自動車メーカーが指定するタイヤの指定空気圧は、1年を通じて同じ。しかし「夏は低め、冬は高めにするとよい」というのをご存じでしょうか?これは外気温によるところ。空気は気温が高い…

続きを読む...

日本人設計の輸入スポーツタイヤ 『ゼスティノ』がリリース開始【東京オートサロン2017】

価格の安さより実力で勝負!ますますタイヤ戦争が激化するますますタイヤ戦争が白熱する昨今のモータースポーツ。従来の国産ばかりでなく海外メーカーの台頭も目覚しいが、そこへ新たに加わったのが「ゼスティノ」。企画・設計は日本人…

続きを読む...

TOYOタイヤ4本が当たる!東京オートサロン来場者限定【東京オートサロン2017】

「撮ってトーヨータイヤ」インスタグラムキャンペーン優秀作品5名様に好みのタイヤ4本をプレゼント東洋ゴムでは「TOKYO AUTO SALON 2017」への出展を記念して、来場者限定でお好きなTOYO TIRES製 タイ...

続きを読む...

意外に知られていない「タイヤの振動を止める」あるパーツ

どんなに高価なホイールタイヤもハブが緩かったら回転ムラが出るアナタのクルマは走行中に振動が出ていませんか?ホイールとタイヤの中心が取れていなければ、そこが振動源となっている可能性があります。どんなに高級なタイヤやホイー…

続きを読む...

【タイヤ豆知識】残り溝1.6mmではタイヤ本来の機能を果たせない!

スリップサインが出て残り1.6mm車検は対応できるがその実状は?保安基準の上では、車検をパスできるタイヤの残り溝の深さは「1.6mm以上」と規定されており、摩耗の目安として「スリップサイン」が設けられている。スリップサイ...

続きを読む...

「横浜ゴム」が最強のストリートスポーツタイヤ「ADVAN A052」を発表!

アドバン・ネオバAD08Rを凌ぐグリップ力経済性と騒音性も配慮したスポーツタイヤ「横浜ゴム」の「ADVAN(アドバン)」シリーズは、グローバル・フラッグシップブランドとしてさまざまなタイプのタイヤをリリース。その中でスト...

続きを読む...

「恐怖!」ナットでホイールが削れていく

ナットの角がホイールを削ってしまうホイールを固定するさまざまなタイプのナットが販売されているが、締め込んでいく際にホイールの座面を傷付けているケースがある。とくに締め付けトルクが大きいインパクトレンチを使用すると、締め…

続きを読む...

14 / 15«...1112131415