「タグ: ターボ」の記事一覧

いま思うと危なすぎ!パワーと速さを極めた”ピリ辛”軽自動車5選

ジャジャ馬ゆえ操る楽しさがあった 現在、ホットな軽自動車というと、スズキ・アルトワークスくらいしか浮かばないが、かつての軽自動車、平成8(1996)年に改訂された現在の規格サイズ(全長3.4m、全幅1.48m)になる以前...

続きを読む...

トヨタ 新型スープラの伸びしろは? 3大チューニングメーカーに聞いてみた

車高調とエンジンチューンは鉄板メニュー 2019年1月14日にアメリカ・デトロイトショーで世界初公開されたトヨタ新型スープラ。そして2月にインテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2019では、右ハンドルの国内仕様が初...

続きを読む...

ポン付けで良好なアクセルレスポンスを実現! ブリッツから純正置き換え式ターボ

新作は過給器からエアロパーツまで様々 純正交換タイプのハイフローターボチャージャーで、ブースト+αというチューニングプランをプッシュしているブリッツでは、千葉県幕張メッセで行われた東京オートサロン2019で新しい過給器を...

続きを読む...

ローダウンからブーストアップまで「 HKSが提案するスズキ・ジムニーが面白い!!」

HKSが軽自動車ジムニーに本気を出してきた! これまで軽自動車のパーツのイメージは薄かったHKSだが、千葉県幕張メッセで開催された東京オートサロン2019にスズキ・ジムニーのデモカーを大々的に展示していた。 本格的SUV...

続きを読む...

日産スカイラインGT-Rは未だ現役!新作エンジン系パーツをHKSが続々発表

GT-R生誕50周年を記念してリリース開始「HKSは(日産の)GT-Rで育ってきたようなもの」と説明員が語ってくれたHKS。東京オートサロンのブースには、かつて谷田部(日本自動車研究所)などで多くの記録を樹立した、R33...

続きを読む...

4万円前後でポン付けターボチューン! 簡単にパワーアップするブリッツ 『パワコン』

ターボ車のブースト圧を最適制御純正ECU対応でカプラーオンで装着国産自動車メーカーがこぞって採用しているのが、ダウンサイジングターボエンジン。チューニングパーツメーカー「ブリッツ」が、そんな新世代ターボ車を手軽にパワーア...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

    自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

    小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

  5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

    「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  8. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  10. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...