「タグ: パトカー」の記事一覧

トヨタ・クラウン アスリートのパトカーを1/64サイズで再現したモデルカーが発売

マニアも唸るクオリティを実現ミニカー専門店「モデルギャラリーHIKO7」から、救急車やはしご車といった働くクルマ好きに向けた好アイテムが登場。オリジナルブランド「RAI’S」より、1/64スケールのトヨタ・クラウン アス...

続きを読む...

究極のレプリカ!アメリカの元「パトカー」を本物仕様に甦らせる

アメリカではメーカー純正ポリス仕様を設定退役パトカーは一般市場に払い下げられるアメリカ車の趣味カテゴリーの中には、「ポリスカー(パトロールカー)」や「ファイアートラック(消防車)」といった、いわゆるエマージェンシー・ビ…

続きを読む...

絶対に逃げられない日本最速パトカー!? R35GT-Rパトカーが栃木県警に配備

後席が狭い2ドアのパトカーでも違反キップへのサインはリアシートトヨタ・クラウンが主力となっている高速道路などで交通取り締まりを行うパトロールカー(パトカー)。違反車両を捕まえたとき、そのドライバーはリアシートで違反キップ…

続きを読む...

「逮捕しちゃうぞ!」トヨタ・マジェスタ「パトカー」仕様が登場!【東京オートサロン2017】

リクエストに応えたパトカー仕様実在しない18系マジェスタで再現2015年にエブリィのパトカー仕様を東京オートサロンに出展して話題になった「GARAGE Z1」。ファンからの要望に応える形で、2017年のオートサロンでは、...

続きを読む...

驚愕のパトカーからトライクまで登場【スーパーアメリカンフェスティバル2016】

パトカーは元ニューヨーク市警で活躍トレーラーを牽引する3輪バイクアメリカンなクルマやバイクなら何でもござれの「スーパーアメリカンフェスティバル2016」。11月3日に静岡県・富士スピードウエイで開催されたこのイベントには...

続きを読む...

    覆面パトカーの見分け方まとめ

     覆面パトカーといえば定番はクラウン。かつてはセダンも多かったが、現在は先々代モデルの「ゼロクラウン」や先代モデルの「200系クラウン」へとシフトしている。編集部が発見したそのほかの車種の覆面パトカーは、千葉県...

    続きを読む...

    知らないと損する!捕まらない高速道路の走り方とは

    制限速度で走行しても追い越し車線の連続走行は「通行帯違反」で罰金6000円!意外に知られていないのが高速道路の『追い越し車線を走り続ける』のは「通行帯違反」で罰金は6000円となること。追い越し車線の連続走行は、じつは捕...

    続きを読む...

    ウィークリーランキング

    1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

      所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

    2. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

      キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

    3. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

      メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

    4. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

      注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

    5. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

      交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

    6. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

      クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

    7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

      昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

    8. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

      独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

    9. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

      フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

    10. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

      90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...