刑事ドラマばりの激速パトカー! 「ニスモ Z」や「WRXブルーの覆面S4」など逃走不可能なハイパフォーマンスモデルたち (1/2ページ)

刑事ドラマばりの激速パトカー! 「ニスモ Z」や「WRXブルーの覆面S4」など逃走不可能なハイパフォーマンスモデルたち

御用になりたくなってしまう(!?)高性能パトカー

 日夜、我々の平和や安全を守るために走り回ってくれているパトカー。安全運転が身上のドライバーにとっては追いかけられる可能性は皆無であるが、なかにはアッと驚くポテンシャルを持った車両をベースとしたパトカーも存在している。今回はそんなハイパフォーマンスなパトカーをいくつかピックアップして紹介しよう。フェアレディZ34 NISMOのパトカー

【日産スカイラインGT-Rオーテックバージョン】

 日本のみならず、海外にまでその高いポテンシャルが知られるところとなっているスカイラインGT-R。そのベースとなったスカイライン生誕40周年を記念して、オーテックジャパンが作り上げたのがいわゆる“4ドアGT-R”と呼ばれるオーテックバージョンだ。R33GT-RオーテックバージョンのパトカーF7:3

 4ドアボディではあるが、ベースとなったのは2ドアボディを持つR33スカイラインGT-Rで、それにセダンのボディを架装したというのが本当のところ。そのため車両型式も「BCNR33改」となる。オーテックのイベントに出展されたR33GT-R展示車両

 そんなR33オーテックバージョンはすでに現役を退いているが、神奈川県警保有の車両は交通安全運動のイベントなどに登場することもあり、現在でもその姿を見ることができる。また、現行型のR35GT-Rも栃木県警に寄贈された個体が存在し、同県警の高速隊の車両として登録されている。栃木県警のR35 GT-R

【日産フェアレディZ NISMO】

 新型の登場が示唆されてにわかに注目度が上がっているフェアレディZ。すでに現行型のZ34系は登場してから10年以上が経過したロングセラーモデルではあるが、そのポテンシャルは未だに高い位置にあると言っても過言ではないだろう。Z34フェアレディZのパトカーF7:3

 そんなフェアレディZの頂点に位置するのが「NISMO」だ。専用チューンが施されたVQ37VHRエンジンは355PSを発生し、6速MTのほかMTモード付7速ATも用意されている。2015年度に警視庁に配属されたフェアレディZはこの7速AT仕様のNISMOで、それ以前に活躍していたマツダRX-8の後継車種として導入された。パレードに参加するフェアレディZのパトカー

画像ギャラリー