「ファミリア」の記事一覧

「ファミリア」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「陸サーファー」仕様が「ナウなヤング」にバカ受け! 社会現象を巻き起こした「赤いファミリア」人気の秘密

陸サーファー仕様が若者に大人気! マツダ・ファミリアは、マツダを支える中核車種だった。戦前戦後を通じて同社が評判を得たのはオート3輪車で、それに次いで4輪自動車へ参入を果たした際の車種は、軽自動車のキャロルと小型車のファ.…

続きを読む...

「東京モーターショー2021」開催中止! 過去出展された「幻の4WDコンセプトカー」6選

東モに出展された国産メーカー「4WD」コンセプトカーの歴史 国産自動車メーカーにとって1980年代半ばは「節目」の年だった。21世紀に向け新技術を満載したコンセプトカーが数多く展示された。4輪操舵の4WSが話題を振りまき...

続きを読む...

WRC参戦はランエボ・インプだけじゃない! マニアが唸る王道以外の「国産ラリー車」4台!

トヨタ、三菱、スバル以外にも数多くの日本メーカーが参戦 2020年10月9日、2021年度のWRC日本ラウンドが11月14日とアナウンスされ、11年ぶりの開催に向けてのカウントダウンが始まったラリー・ジャパン。ワークス参...

続きを読む...

まさに時代を映す鏡! 1980年代の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞車が名車だらけだった

時代背景も追い風となり各メーカー「すべてを出し切った」1980年代 その年を代表する自動車を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」。第41回(2020ー2021年)の「10ベストカー」も出揃い、12月7日にグラ...

続きを読む...

「遊撃手」「かっとび」「タコツー」! 強烈な印象を残した「キャッチコピー」をもつ80年代のクルマ12選

CMやキャッチコピーから得た愛称 1980年代を中心として、クルマというのは身近な存在だったり、憧れだったり。いずれにしても特別なものだったのは確かだ。そうなると、付けられるのが愛称で、あだな的にみんなが使うものから、そ...

続きを読む...

100周年のマツダの旧車8台があまりに名車揃いすぎて改めて驚く!

マツダ創業100周年で振り返りたい個性派車 マツダといえば、ユニークで独自色の強いクルマ作りを行なってきたメーカーだ。そもそも広島発というのも他メーカーとは一線を画している。ルーツは1920年にできた東洋コルク工業という...

続きを読む...

「ボーイズレーサー」の愛称で親しまれた、1980年代の青春ホットハッチを振り返る

名前の由来は自動車雑誌の企画だった 1980年から90年代にかけて、元気のいい走りで人気となったモデルたちの総称として使われたのが「ボーイズレーサー」という表現。“ボーイズ”というように排気量は1.6リッターぐらいが上限...

続きを読む...

【若者が愛する90年代車両】15年以上の思いが叶って手に入れたファミリアGT-R編

長年の夢が叶った憧れのマイナー車 7月7日(日)に宮城県の白石スキー場で開催された「ミチノクレトロカーズセッション」。1992年までに発売されたクルマを対象としたイベントで、近年は20代を中心に若者の参加も増えている。今...

続きを読む...

1 / 212

【お詫びと訂正】

6月11日配信の「どうやってコンビニ入るのよ!」クルマ好き女子でも「ドン引き」するNGカスタマイズ3選の「シャコタン」項目で使用した写真に誤りがありました。使用した写真は公認車検取得済みの車両であり、本文の内容とは全く関係のないものでした。

写真を使用した車両のオーナーを始め関係者の方に深くお詫び申し上げます。