「赤」と「陸サーファー」がスターにのし上げた! 昔の若者が大好きだった5代目ファミリアとは (1/2ページ)

noteで書く
「赤」と「陸サーファー」がスターにのし上げた! 昔の若者が大好きだった5代目ファミリアとは

この記事をまとめると

  • 1980年代に登場した5代目マツダ・ファミリア
  • 国産FF乗用車で月間登録台数ナンバー1をたびたび記録していた
  • 「陸サーファー」5代目ファミリアを表わす代名詞だ

時の若者文化のひとつの象徴のような存在のクルマだった

 マツダ・ファミリアというと、皆さんならどの世代を真っ先に思い浮かべるだろうか? 映画「幸せの黄色いハンカチ」で武田鉄矢と桃井かおり(後席にあの高倉 健が座っているシーンもあった)が乗る劇中車として登場した4代目(1977年)など、渋めながら知られているところか。発売直前、“X508”の開発コードと“コスモのようなフロントグリルで登場か!?”といったスクープ記事が自動車雑誌に載ったりした。

【関連記事】やっぱりアウトドアは4WDが安心! 200万円前後で新車が狙える「本格ヨンク」3選

5代目マツダ・ファミリアを振り返る画像はこちら

 あるいは初代(1963年)、2代目(1967年、1973年登場の3代目のプレストは2代目の拡幅版だった)あたりの日本のモータリゼーションが盛り上がりを見せ始めた時代のモデルも忘れられない……筆者などはそういう世代だが、2代目ではRE搭載のファミリア・ロータリークーペが登場した。5代目マツダ・ファミリアを振り返る画像はこちら

国産FF乗用車で月間登録台数ナンバー1をたびたび記録した5代目ファミリア

 ところで歴代ファミリアで、名実ともに存在感を示した世代というと、やはり1980年に登場した5代目(赤いファミリア)だろう。前述「幸せ……」の4代目の後を受けて登場したのがこの世代のモデルだったが、国産FF乗用車で月間登録台数ナンバー1をたびたび記録するなどし、大ヒット作となったクルマだった。

【関連記事】やっぱりアウトドアは4WDが安心! 200万円前後で新車が狙える「本格ヨンク」3選

5代目マツダ・ファミリアを振り返る画像はこちら

 クルマそのものは、それまでのFRからFFに切り替わった新規のフラットフォームを採用した、文字どおりの“新型”だった。とくにサスペンションは、4輪ストラット式のシンプルながらこだわった設計で、SSサスペンションと呼ばれたリヤ側にはトーアウトを打ち消す2本のリンクを配置し、走行中やコーナリング時の安定性を確保する。フロント側も10mmのネガティブキャンバーオフセットの採用で、万一のパンクやブレーキが片効きの状態に陥っても直進安定性を保つ設計。テーパーコイルスプリングの採用で荷重が少なければやわらかく、増えればしっかりとスプリングを効かせ、快適な乗り味を確保していた。5代目マツダ・ファミリアを振り返る画像はこちら

 搭載エンジンは1.5Lと1.3Lを設定。1.5Lについては当初はキャブレター(85ps/12.3kg−m)のみだったが、1983年1月のマイナーチェンジでEGI仕様(95ps/12.6kg−m)を追加設定した。さらに1983年6月になると、“総合性能を高次元でバランスさせた本格派のファッショナブルスポーツターボ”(発表当時のニュースリリースより)と銘打ったEGIターボが登場し、115ps/16.5kg−mに性能が引き上げられた。このEGIターボは等長ドライブシャフトの採用、後輪トレッドの拡大などもポイントだった。

 また前述のEGIターボ登場のタイミングで60タイヤ、ドアミラーの装着などが晴れて認可されたのも、この時期の新型車らしいトピックのひとつだ。ちなみにドアミラーは輸入車では当たり前の装備だったが、正式な認可前の国産車ユーザーにとっては羨ましい存在だった。

noteで書く

画像ギャラリー