「タグ: リフトアップ」の記事一覧

キャリイかハイゼットか? 燃費からカスタムまで7番勝負で軽トラ王座を決める!

現行の軽トラは実質3車種だが、約1年後には2択になる 2020年現在、新車で買える軽トラは、スズキ・キャリイ、ダイハツ・ハイゼットトラック、ホンダ・アクティトラックの実質3車種のみ。「サンバートラックとかミニキャブトラッ...

続きを読む...

世界最強4WD車といわれるジムニーをさらにオフロードで「無敵」にするアイテム5つ

ジムニーで悪路を走りたい人へ 壊さず楽しむためのカスタムパーツ 洗練されたスタイルになった現行型はもちろんのこと、先代モデルから古くは旧規格に至るまで、オフロード好きに絶大な人気を誇るジムニー。そんな大切なジムニーを壊…

続きを読む...

軽トラ・軽バンをアゲるならタイヤがキモ! いま続々登場の泥系「ボコボコタイヤ」とは

軽トラ・軽バンに人気上昇中の2大ブランドに注目 四駆の世界で長きにわたり支持されているヨコハマ・ジオランダーと、ここ数年で急激に勢力を広げているトーヨー・オープンカントリー。どちらもいわゆる「ボコボコタイヤ」のブランドだ…

続きを読む...

「シャコタン」より「シャコアゲ」! いまクルマのカスタム好きが車高をアゲる理由とは

カスタムの常識が変わってきた ドレスアップの基本ともいえるローダウン。「車高を落としてインチアップしたホイールを履いて、次はマフラーかエアロを…」というのが定番だった。VIP、ユーロ、USDM、スタンス、スポーツ、ローラ...

続きを読む...

なぜいま軽トラなのか? 流行りだしたカスタムと熱すぎる5台

実用に特化したクルマだから自分好みに味付けしやすい ニーズの多様化が進み、個性的なモデルが増えつつある軽自動車。カスタマイズシーンもここ数年で変化が訪れ、ワゴンRやタントなどのハイトワゴン系だけでなく、趣味性が強いクルマ…

続きを読む...

車高を上げるカスタムは合法? リフトアップのメリットとデメリット

リフトアップ量は4cm以内にとどめるべし 自動車のカスタマイズにおいて”車高”といえば下げるモノ、なんて常識は昔のハナシ。最近はクロカンを筆頭にSUVから軽自動車バンまで、ちょっとしたリフトアップ...

続きを読む...

人気のオフ系スタイル! アウトドアシーンで引き立つ自動車カスタム5つ

効果的にイメチェンできるパーツ選び 依然として衰えをみせないアウトドアのブーム。影響はクルマのカスタムにも波及しており、SUVや軽自動車を中心にパーツも選び放題といった状況だ。それらのなかでルックスと実用性を兼ね備えた、...

続きを読む...

“ダサい”から華麗なるイメチェン! 軽自動車の箱バンカスタムが人気のワケ

実用性も備えた「ちょいアゲ」が定番 スズキのエブリイやダイハツのハイゼットといった軽自動車の箱バンといえば、数年前までは実用性を重視する”働くクルマ”の代表だった。しかし最近はカスタムのベース車両...

続きを読む...

1 / 3123