「焚き火」の記事一覧

「焚き火」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

いま流行の「カップルキャンプ」の勝敗は「ヒカリモノ」で決まる! 夜を彩る4つの明かりとは

キャンプの夜を飾ってくれる「ヒカリモノ」 昨今のキャンプブームも手伝って、さまざまなスタイルのキャンプが登場しています。ファミリーキャンプにソロキャンプばかりでなく、夫婦や恋人同士で出かけるカップルキャンプなども注目を…

続きを読む...

親子でキャンプ! 安全に子供と一緒に焚き火を楽しむポイント

火のつけ方から楽しみ方まで 「焚き火」といったら、かつては寒さをしのぐための暖房変わりだったけれど、今ではキャンプに欠かせないアクティビティのひとつ。多くのキャンパーは、シーズンを問わず焚き火を楽しんでいます。 そんな…

続きを読む...

キャンプ用品で女子力アップ! 好感度を上げる最新アウトドアグッズ事情

アウトドアギアもオシャレ競争が勃発 代々木公園で開催されたアウトドアデイJAPAN2019の会場で特に目を引いたのは、キャンプ用品がとてもカラフルでファッショナブルになったことでしょうか。流行色は景気を現すと言いますが、...

続きを読む...

初心者も安心! 焚き火を楽しむために守るべきルール&マナー

直火禁止のいま、注意すべき課題 ひと昔前までキャンプで「焚き火」と言ったら、暖を取るためだったり、鉄板を置いてBBQを楽しんだりするためのものでした。しかし90年代後半ごろから、焚き火は非日常を感じるための“儀式”となり...

続きを読む...

風を送ったりイジりすぎはダメ! キャンプの主役「焚き火」正しい火の起こし方とは

天候や気温に合わせマッチとライターを使い分け キャンプでの焚き火や火起こしに不可欠なのがマッチやライターだ。ところが、自然のなかで行うキャンプは、雨も降るし風も吹く。そのような環境下でも、確実な火起こしできるノウハウを…

続きを読む...

キャンプの必須イベント! 焚き火に必要なアイテム選びと楽しみ方とは

暖をとれて調理も可能な「焚き火」のあれこれ キャンプの大きな楽しみに「焚き火(たきび)」がある。しかし、キャンプ場の多くは薪(まき)を直接地面に並べる「直火(じかび)」は禁止だ。そのため『焚き火台』というものを使うのだ…

続きを読む...

焚き火こそ大人が楽しんでほしい夜のアウトドアだった

規則的でも不規則でもない揺らぎが緊張と心を癒す効果を持つ「冬は寒いから」なんていう理由でお出かけも控え目。マイカーを所有しているからこそ勿体無いハナシですよ。日本には素晴らしい四季があり、寒い季節のキャンプだからこそや…

続きを読む...

縁起物テントでキャンプ初め! 中で焚き火ができる「レンコンテント」発売へ

焚き火の使用に配慮しつつ、5人の就寝も可能に「ビーズ」のアウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」は、テント内で焚き火ができる冬用フロアレステント『レンコンテント』を発売した。 レンコンテントは名の通り、レンコ...

続きを読む...