「燃費」の記事一覧

「燃費」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

    高性能ターボ車でも「低粘度」が当たり前! これまでの常識が通用しないイマドキのエンジンオイル事情

    この記事をまとめると ターボ車でも低粘度オイルを使っているけど大丈夫なの? 昨今、粘度が柔らかいエンジンオイルが推奨されるワケとは チューニングエンジンなどは粘度を硬くした方が良い場合もある

    続きを読む...

    厳しい規制に内燃機関は限界まで性能を絞りだしている! 「苦悩」と「不正」のディーゼルの歴史とは

    この記事をまとめると 1999年を境に日本でディーゼルエンジン乗用車は激減 PM(粒子状物質)とNOx(窒素酸化物)の処理がディーゼルの難問 「尿素SCR」という新触媒は環境性能に優れた解決策のひとつ

    続きを読む...

    「アイドリングストップ」は本当にエコ? 走行距離や乗り方、コストで変わるデメリットとは

    市街地での恩恵や車両価格差をどう考えるか いまや当たり前の装備なってきた「アイドリングストップ」。信号待ちなどで自動的にエンジンを停止、発進時にブレーキから足を離したり、アクセルを操作すると、プルンと再始動して違和感な…

    続きを読む...

    燃費が向上しないエコ運転「ゆっくり走る」「下り坂のNレンジ」は大間違い

    良かれと思った方法がアダとなるケース「省燃費」にこだわるのは、環境や資源への配慮としてとても大切なことだ。まだまだ高値とはいえ、最近ではガソリン価格も高止まりなので、財布への負担軽減という点でも、燃費が向上するに越した…

    続きを読む...

    自動車のカタログで最近見かける「WLTCモード燃費」とは? 実現可能な数値なのか

    国際的な計測方法として生まれたWLTC クルマ選びの基準はさまざまだろうが、環境性能を重視しているというユーザーは少なくない。その参考となるのが、言わずもがなカタログに記載されているモード燃費だ。古くは10モード、10・...

    続きを読む...

    「低燃費で環境に優しい」エンジン対決! “クリーンディーゼル vs ガソリンハイブリッド”のオススメは?

    距離や乗り方によって変わるメリットの恩恵 2012年以降、マツダや各輸入車ブランドがディーゼル車を積極的に展開してきたこともあり、日本でも「クリーンディーゼルは低燃費で環境に優しい」というイメージが定着しつつある。では、...

    続きを読む...

      アクセルの踏み方だけで燃費は良くなる! 自分でできるエコなドライビングテクニック

      小さな“こと”の積み重ねが燃費向上に繋がる クルマに乗っていれば誰もが気になるガソリン代。いわゆる省燃費グッズに頼るのではなく、お金をかけずに節約する方法はないだろうか。そこで、アクセルの踏み方やエンジンブレーキ、アイド.…

      続きを読む...

      1 / 3123