「警察」の記事一覧

「警察」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

逃げ得は許さない! 交通違反を犯して「反則金を払わなかった人の末路」

軽微な違反が刑事裁判に発展する可能性 交通違反を犯して警察官につかまると、いわゆる青切符・赤切符を切られてしまう。このうち、違反点数が6点未満の軽微な反則行為(例:一時停止違反、駐車違反、一般道で30km/h未満の速度違...

続きを読む...

    クルマが悪者扱いに矛盾! 「自転車の交通ルール違反や危険行為にある罰則とは」

    交通ルールは基本的にクルマと同じ「今日は飲み会があるからクルマじゃなくて、自転車で行きます」などと言うことを普通にしゃべっている人がいますが、それは大きな間違いです。自転車は歩行者ではなく車両に含まれまれるので、お酒を…

    続きを読む...

    「スピード違反取締装置(オービス)」の大量撤去が進む! 老朽化&高コストで世代交代へ

    オービスの取締件数はわずか3% ピーク時は全国で600カ所以上に設置されていた「速度違反自動取締装置」。いわゆるオービスだ。ここ数年各地で撤去が進み、平成28年年度末現在で、すでに345台 (高速道路192台、一般道路1...

    続きを読む...

      意外と多い「うっかり交通違反」”ながら運転”から”一時停止違反”まで注意すべきこと

      「一時停止違反」だけで132万件 交通違反には「速度違反」や「駐車違反」のように”自覚”がある違反と、ついうっかりして違反を犯してしまう、2つのパターンがある。そうした「うっかり違反」を起こさない...

      続きを読む...

      ルームランプ点灯で違反? 意外と知られていない交通違反5つ

      知らぬ間に違反していることも 交通事故を起こしたいと思ってクルマを運転しているドライバーはいないだろうし、安全運転が大事なことも理解しているだろうが、気付かないまま交通違反をしてしまっていることはある。「こんなことが違…

      続きを読む...

      古いレーダー探知機では役立たず! 速度違反取り締まりの常識が新ステージへ

      移動式オービスと最新のレーダー探知器の現状 最大級のオービス情報サイト「Orbis Guide」を運営する「パソヤ」は、全国的に普及が進んでいる移動式オービスの現状について公開。あわせて、7月10日に愛知県の南知多道路で...

      続きを読む...

      止まる? 左右に避ける? 緊急車両が近づいたときの正しい行動とは

      緊急自動車の進路を妨げないことが最重要 消防車、救急車、パトカー、応急作業用自動車などがサイレンを鳴らし赤色の警光灯を点けながら人命救護のため、現場に急行している場合、一般車両は速やかに道を譲る必要がある。これはドライ…

      続きを読む...

      事故現場を正しく警察に連絡!電柱や街区表示板以外の意外な伝え方とは

      スマートフォンのGPS機能で自動通知される クルマで交通事故を起こした場合は、ドライバーには速やかに事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度などを警察に通報することが義務付けられて...

      続きを読む...

      1 / 212