「タグ: 車検」の記事一覧

車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

自己満足で楽しかった平成カスタム 昭和末期から平成中盤まで、盛んに行なわれた自動車カスタマイズ。ライバルよりも目立ちたい、速くしたいという欲望に勝てず、違法なドレスアップ&チューニングをしたクルマ好きもいるでしょう。ゆ…

続きを読む...

シートを外しただけでも構造申請が必要! 規制緩和されても意外に厳しい車検項目

似て非なるカスタムに必要な申請 過去に何度か行なわれた規制緩和により、合法カスタムの範囲はだいぶ広くなった。しかし、『構造変更』を必要とする内容は依然として多く、かつ『記載変更』という似て非なる制度も分かりにくい。両者…

続きを読む...

早すぎても遅すぎてもダメ!車検時に交換すべき油脂類とは

車検を通すだけ点検での液モノ無交換に注意 最近のクルマは環境保護のためもあって、車検や点検で油脂類(オイルやクーラントなど)の交換頻度は少なくなっている。とはいえ、交換すべきものはあるだろう。ここでは車検時の液モノのメ…

続きを読む...

ディーラーの車検はなぜ高い? 民間車検にはないメリットとは

点検・整備費用の差で変わる車検費用 クルマを所有するうえでの義務であり、通過儀礼的なものが車検。もちろん車検をパスしないと公道でクルマに乗ることはできないので、必ず車検を受ける必要はあるのだが、問題は費用だ。 ご存知の…

続きを読む...

リコール修理が車検切れまでに間に合わない!改修しないで検査はパスできるか?

中古でクルマを購入してもリコール通知は届く 自分のクルマにリコールが出たら、リコール改修(自動車メーカーによる改善措置)をしないと車検に通らないと思っていないだろうか? じつは、”ある特定のケース”...

続きを読む...

エアロパーツとフォグランプ「人気のカスタマイズ」が違法改造となる可能性も!

全長は±4センチまではOK 1995年の「自動車部品の規制緩和」以降、合法となるカスタム・チューニングの幅がグーンと広がり、エアロパーツなどエクステリアのカスタマイズもかなり自由度があるようになった。 とはいえ寸法などを...

続きを読む...

車検が通らないことも! 車高をあげるメリット・デメリットとは

全高2m超では陸運局で構造変更申請が必要ノーマルから車高を変更する場合、ローダウン(シャコタン)の方が一般的だが、四駆のクルマを中心にノーマルよりも車高を上げるハイリフト、あるいはリフトアップというカスタムもある。このハ.…

続きを読む...

    いざという時に使えないことも!「パンク修理剤には使用期限があるって本当?」

    パンク修理剤の有効期限はおよそ4年最近のクルマは、軽量化や燃費向上のためにスペアタイヤ(テンパータイヤ)を廃して、代わりにパンク修理キットが標準になっているクルマが増えてきている。このパンク修理キットに入っている、肝心要…

    続きを読む...

    1 / 3123