「タグ: 車検」の記事一覧

【工場見学】創業1931年「FUJITSUBO」の安全&安心を込めたモノ作り・スポーツマフラー編

業界の健全化にも尽力し続ける、創業87年の歴史とこだわりの工程を追うメイド・イン・ニッポンのモノ作りに迫る好評企画第9弾は、マフラー文化の発展に多大な貢献を続ける「FUJITSUBO(フジツボ)」。いまさら聞けない過去、...

続きを読む...

「タカタのリコール」未改修車は5月より車検をパスできない!社外ステアリング交換車も対象に

未だ対象エアバッグの回収率は88%車検時までにリコール改修は必須!各種報道で取り上げられている「タカタ製エアバッグのリコール改修」について、最新の情報をお伝えしよう。まずは、念のためにリコールの内容から。問題になっている.…

続きを読む...

転居後にナンバー変更をしないと「警察」からの違反通知が届かない!

転送届けをしても違反通知は送られない引っ越しなど住所が変わったときナンバープレート(クルマの所有者の住所)を変更しないと、知らぬ間に犯していた交通違反の通知書が、例え郵便局に転送届けを出しても配達されないのをご存じでし…

続きを読む...

【車両総重量1.1倍以下ルール】「社外ブレーキの取り付けができなくなる」は本当なのか

10月1日から適用される車検基準「車両総重量1.1倍以下ルール」とは!?10月1日より車検の基準が変わり、社外のブレーキキャリパーやローターを装着したクルマは、車重が1kgでも増えるとアウトになるという噂がある。 いわゆ...

続きを読む...

「はみ出しタイヤ」でも車検に通るってホント!?

やはり見せかけだけの保安基準の改正「ハミタイ10mmまでOK」は狭き門 今年の6月22日以降、保安基準が改正になり、いわゆる“ハミタイ(はみ出しタイヤ)”でも車検対応になる、というニュースがSNSで話題になって...

続きを読む...

失敗しないヘッドライト用LEDバルブの選び方【ケルビン数とは】

ケルビン数が変わるとどうなる?見やすさは?車検は?の疑問を解消今回の「LEDバルブのすべて」は、ケルビン数についてレクチャー。そもそもケルビン数とは、光の色を数値で表した「色温度」のこと。HIDやLEDのヘッドライトには...

続きを読む...

【短期連載】「ユーザー車検」必勝マニュアル『初心者は検査ラインでハザードを点灯』(その3)

書類作成など慣れないことばかり陸運局には時間に余裕を持って行く「ユーザー車検」必勝マニュアル・最終回。これまで2回に渡って車検場である陸運局に行くまでの下準備を紹介してきた(その1:ユーザー車検とは・その2:予備検査とラ...

続きを読む...

【短期連載】『予備検査とラインの下見』「ユーザー車検」必勝マニュアル(その2)

サイドスリップとヘッドライトの光軸などは予備検査屋の専用機でチェックしておく!車検費用を抑えられる「ユーザー車検」。しかし、ユーザー車検で陸運支局に持ち込まれた車両のうち、平均で32%は、不合格となり再検査が必要になって.…

続きを読む...

【短期連載】「ユーザー車検」必勝マニュアル(その1)

2リットルクラスの車検費用は約10万円その約半分が重量税などの法定費用一般的な普通車は、2年に1度(新車は新規登録から3年後)義務付けられているのが「自動車検査登録制度」。いわゆる「車検」だ。車検とは、クルマの安全性と環...

続きを読む...

業界初!保安基準を適合した「ワイドトレッドスペーサー」

純正同等の性能と強度を確保したASEA基準をクリアする車検対応品ワイドトレッドスペーサー(通称ワイトレ)といえば、ホイールのツラを外側に出したり、タイヤ左右のトレッドを広げるために使うもの。足元の見映えを高められたり、コ...

続きを読む...

【知ってまっか?】車検をパスするオーバーフェンダーとは

出幅が片側10mm未満ならOK確実な固定を施すのが基本!ガツンとワイドに張り出したオーバーフェンダー。ワークスマシンを彷彿とさせるレーシーな佇まいは、ここ数年ブレイク中の人気メニューだ。そこで気になるのが、車検の問題。ボ...

続きを読む...

2月1日より「警告灯の点灯車」は車検不可

エアバッグレス仕様のステアリングは使用不可!?球切れ警告など一部インジケータは対象外車検の検査方法や審査などを行なう「自動車技術総合機構」は、2月1日より「警告灯(メーター内のインジケータランプ)が点灯又は点滅している自...

続きを読む...

フロントガラスが割れる!寒い日のデフロスター使用は要注意!!

飛び石による小さなキズ補修歴のあるガラスは危険寒い朝など、出かけようとしたらクルマのフロントウインドウが霜で被われてしまったなんて経験ありますよね?そんなとき、エアコンのデフロスター(フロントウインドウに風を送る)をオ…

続きを読む...

【タイヤ豆知識】残り溝1.6mmではタイヤ本来の機能を果たせない!

スリップサインが出て残り1.6mm車検は対応できるがその実状は?保安基準の上では、車検をパスできるタイヤの残り溝の深さは「1.6mm以上」と規定されており、摩耗の目安として「スリップサイン」が設けられている。スリップサイ...

続きを読む...

  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング

  1. 軽トラに見えない!? 超絶インパクトのデコトラ「キャリイ」【大阪オートメッセ2018】

    彫金を施した芸術的ボディに視線釘付け! 荷台もリフトアップするダンプ仕...

  2. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・前編」

    さらに色気がパワーアップした 夏コスな彼女たちに大接近!! SUPE...

  3. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  4. スーパーカーニバル2018に集まったカスタムハイエース&キャラバン【画像ギャラリー】

    派手にフルバンパーorシンプルに。 ハーフスポイラー人気は二分か? ...

  5. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  6. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  7. King of MINIVAN「アルファード&ヴェルファイア」カスタマイズ画像ギャラリー【スーパーカーニバル2018】

    どんなスタイルでも威風堂々 ミニバン王者の風格ここにあり 大阪市・舞...

  8. 荷物が積めてエアコンも快適♪ 故障知らずな60年代の働くクルマに大変身!

    「ノスタルジックな雰囲気がいい感じ」、 そんなユルさを日本の軽バンに!...

  9. 見逃し注意!セクシーコスチューム「キャンギャル」大特集

    透けているだけでも十分! V字にカットされた胸元が眩しい 東京オート...

  10. キャンピングカーも必須!「車中泊を快適にするアイテム5選」

    車体の水平を取ることが安眠への第一歩 車中泊では、車内のシートをフラッ...