「タグ: 車検」の記事一覧

車検が通らないことも! 車高をあげるメリット・デメリットとは

全高2m超では陸運局で構造変更申請が必要ノーマルから車高を変更する場合、ローダウン(シャコタン)の方が一般的だが、四駆のクルマを中心にノーマルよりも車高を上げるハイリフト、あるいはリフトアップというカスタムもある。このハ.…

続きを読む...

    いざという時に使えないことも!「パンク修理剤には使用期限があるって本当?」

    パンク修理剤の有効期限はおよそ4年最近のクルマは、軽量化や燃費向上のためにスペアタイヤ(テンパータイヤ)を廃して、代わりにパンク修理キットが標準になっているクルマが増えてきている。このパンク修理キットに入っている、肝心要…

    続きを読む...

    【工場見学】創業1931年「FUJITSUBO」の安全&安心を込めたモノ作り・スポーツマフラー編

    業界の健全化にも尽力し続ける、創業87年の歴史とこだわりの工程を追うメイド・イン・ニッポンのモノ作りに迫る好評企画第9弾は、マフラー文化の発展に多大な貢献を続ける「FUJITSUBO(フジツボ)」。いまさら聞けない過去、...

    続きを読む...

      「タカタのリコール」未改修車は5月より車検をパスできない!社外ステアリング交換車も対象に

      未だ対象エアバッグの回収率は88%車検時までにリコール改修は必須!各種報道で取り上げられている「タカタ製エアバッグのリコール改修」について、最新の情報をお伝えしよう。まずは、念のためにリコールの内容から。問題になっている.…

      続きを読む...

      転居後にナンバー変更をしないと「警察」からの違反通知が届かない!

      転送届けをしても違反通知は送られない引っ越しなど住所が変わったときナンバープレート(クルマの所有者の住所)を変更しないと、知らぬ間に犯していた交通違反の通知書が、例え郵便局に転送届けを出しても配達されないのをご存じでし…

      続きを読む...

      【車両総重量1.1倍以下ルール】「社外ブレーキの取り付けができなくなる」は本当なのか

      10月1日から適用される車検基準「車両総重量1.1倍以下ルール」とは!?10月1日より車検の基準が変わり、社外のブレーキキャリパーやローターを装着したクルマは、車重が1kgでも増えるとアウトになるという噂がある。 いわゆ...

      続きを読む...

      失敗しないヘッドライト用LEDバルブの選び方【ケルビン数とは】

      ケルビン数が変わるとどうなる?見やすさは?車検は?の疑問を解消今回の「LEDバルブのすべて」は、ケルビン数についてレクチャー。そもそもケルビン数とは、光の色を数値で表した「色温度」のこと。HIDやLEDのヘッドライトには...

      続きを読む...

      1 / 3123

      ウィークリーランキング

      1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

        超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

      2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

        "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

      3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

        SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

      4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

        ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

      5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

        チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

      6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

        SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

      7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

        富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

      8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

        一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

      9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

        自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

      10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

        日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...