「メーカーワークス」の記事一覧 - 3ページ目

さらに車種で絞り込む:

「ACシュニッツァー M5」開発完了間近か!? ニュルでの目標タイムをヨルグ・ミュラーがクリア

700HPを発揮するモンスターマシン、ヨルグ・ミュラーが好タイムを叩き出す BMW M5をベースにチューニングモデルの開発を進めている「ACシュニッツァー」。先頃、最終段階のテストがドイツ・ニュルブルクリンクの...

続きを読む...

メルセデス ベンツ・新型Gクラスカスタム、「ブラバス」から早々にデビュー

39年振りにフルチェンした新型Gクラス、名門ブラバスが速攻カスタマイズ!日本でも先頃発表された新型Gクラス。39年ぶりに生まれ変わったキング・オブ・SUVに、早速カスタムモデルが発表された。手掛けたのは、やはりというべき...

続きを読む...

トヨタ・ハイブリッド車のシフト操作を未来的なプッシュボタン式に変更!

トムス『シフトポジションスイッチ』がシフトチェンジに革命をもたらすプリウスやノア、ヴォクシーといったトヨタ自動車が誇るハイブリッド車には、一般的によく見かけるようなシフトゲートが装備される。この部分をプッシュボタンタイ…

続きを読む...

『BRABUS125R』デビュー!! 抜群のハンドリングを与えた限定125台

スマートカブリオベースのコンプリートは、街なか最強のポケットロケット!メルセデスチューナーとして名高いドイツのブラバスが手掛けるスマートカブリオベースのコンプリートモデル、『BRABUS 125R』が発表された。日本でも...

続きを読む...

あの『ニュルカレー』が市販化決定、 STIチームを支えた逸品が味わえる

ニュル24hでスタッフの胃袋を満たした、STI史上初のパフォーマンスフード SUBARUのワークス「STI」が企画・開発するこだわりアイテム。チューニングパーツやグッズなどを連想するが、なんとも変わった大物が登...

続きを読む...

3 / 5«...234...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. キャンピングカー初心者に送る「購入時にチェックすべき5つのポイント」

    「何名で宿泊する? 駐車場に入るの?」 就寝時のスペースも考えて購入し...

  4. 普通免許でもOK!! 運転する楽しさと車中泊を両立するキャンピングトレーラー

    駐車スペースなどの費用は必要だが 運転する楽しさと機動性は失わない ...

  5. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...

  6. 車中泊時の「寝袋」選びは安眠と動きやすさが重要

    寝袋選びの基本は、寝袋ごとに設定される「快適睡眠温度」が使用時の気温にあ...

  7. 無法キャンパー増加で「車中泊ができなくなる!?」

    車中泊で守らなければいけない 7つのマナーとモラルを知る 大変です。...

  8. 「技術の日産」の礎となったレース参戦!厳選耐久レース用マシン5台【ニスモフェスティバル2018】

    レースで培ったターボ技術 サーキットは走る実験室だ 12月2日、静岡...

  9. 運転や駐車場の心配ご無用「グッと身近になったキャンピングカー事情」

    軽カーやミニバン、ハイエースベースなど 用途にあわせて幅広い車種で楽し...

  10. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...