「ワークスチーム」の記事一覧 - 3ページ目

「ワークスチーム」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

ベース車価格の倍! 648万円でも爆安だった伝説の「86GRMN」を振り返る

採算度外視のホットなチューニングマシン 待望の新型86(GR86)が発表され、秋からのリリースを心待ちにしている人も多いことだろう。その一方で再び初代モデルにも注目が集まっているということもあるようだ。そこで今回は、初代...

続きを読む...

「最初から最後まですべてが早すぎ、遅すぎた」ホンダNSX生産終了にファンが吐露した「本音」とは

短命に終わった2代目NSXに思うこと 2代目NSXが2022年12月、生産開始からわずか7年弱でその歴史に幕を閉じる。 2021年8月3日、世界350台(うち北米300台、日本30台、その他20台)限定の最終モデル「タイ...

続きを読む...

「社員が整理券を手作り」「強風でテントが飛ぶ」! ファン感謝祭の先駆け「ニスモフェスティバル」誕生秘話

メーカー系感謝祭のパイオニア「ニスモフェスティバル」を振り返る 毎年レースシーズンがオフとなる時期に開催されるNISMO FESTIVAL(以下、ニスモフェスティバル)。日産のモータースポーツ史を彩ってきた数々の名車が一...

続きを読む...

豪華なGTに「バーフェン」装着! 名門トムスの「レクサスLC500コンバーチブル」がスゴイ

価格はノーマルのLCコンバーチブルに対して495万円高の1995万円! レクサスのフラッグシップクーペであるLCは、2012年にデトロイトモーターショーで発表された「LF-LCコンセプト」がベースとなったものである。だが...

続きを読む...

これぞ「金メダル」級の日本車! 羨望の「公道最強」ワークスコンプリートカー4選

技術の結晶を惜しみなく投入した「最強ワークスコンプリートカー」たち トヨタのGR、日産のニスモといったSUPER GTなどのモータースポーツにも関わる自動車メーカー直系のスポーツ部門は、時折「保証も備えながらもチューニン...

続きを読む...

このまま行くとGT-Rも生産終了?「衝突被害軽減ブレーキ義務化」でスポーツカー「冬の時代」に突入か

衝突被害軽減ブレーキの義務化! もやはピュアスポーツは登場しないのか? クルマにはさまざまな安全装備が採用されるが、とくに関心の高い機能が衝突被害軽減ブレーキだ。カメラやミリ波レーダーなどのセンサーを装着して、車両、自…

続きを読む...

現代自動車、日本再上陸! 成功の鍵は「日本人ならではの志向」をどう攻略するかにある

世界5番目の自動車メーカー 韓国の“現代自動車”が日本市場に再参入 2020年11月、韓国の現代自動車が日本市場に再参入するというニュースが報じられた。日本での販売実績がほとんどないメーカーであるため、再参入と言われても...

続きを読む...

3 / 9412345...»