「メーカーワークス」の記事一覧 - 3ページ目

さらに車種で絞り込む:

ド派手なエアロパーツが減ったのはナゼ? トレンド以外に見えてくる保証や先進装備の問題

新車購入時にオーダーできるパーツの充実化 最近、走っているクルマを見て感じること。ひと昔前は頻繁に見かけた、ド派手なエアロパーツを付けた車両が減った気がする。理由は単なるトレンドの流行り廃りだけじゃなく、メーカー系ブラ…

続きを読む...

10年以上モデルチェンジのない国産車3台の未来、新型デビューの可能性は?

「WLTC排ガス」がひとつのキーワードに ユーザーの平均使用年数もモデルチェンジサイクルも長期化する傾向にあるとはいえ、10年以上フルモデルチェンジされていない国産車は少なくない。製品としてはそれだけしっかりとしたものに...

続きを読む...

未知なるクルマ「ロシア車」という選択! 古くて愛らしいルックスが放つ人気の秘密に迫ってみた

変わらずとも愛され続けるクルマとは 技術革新によるものなのか、デザインが進化した結果なのか、今では多くのクルマが攻撃的なルックスを持つようになってしまいました。しかし、それを逆手にとって、例えばヘッドライトをまろやかな…

続きを読む...

【自動運転は本当に普及できる?】ステージアップさせるために見えてきた大きな課題

ハンズオフが投げかける法整備などの課題 2017年、ドイツのアウディが「レベル3」の条件付き運転自動化を導入すると発表をしたことにより、自動運転への期待は一段と高まった。だが、現在にいたるまで法整備などの点でまだ市販に至...

続きを読む...

BMW X3に直6ガソリンエンジン搭載の「Mパフォーマンスモデル」追加 価格は889万円

先進の安全運転支援システムを標準装備 ビー・エム・ダブリューは、BMW X3のラインアップに、直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載したMパフォーマンス・モデル「BMW X3 M40i」を追加。全国の正規ディーラーにて販売を...

続きを読む...

東京オリンピック再び! 1964年と2020年の「聖火リレー伴走車」今昔物語

オリンピックの聖火を伝えゆくクルマ 開幕が近づいてきた東京オリンピック。聖火がギリシャから届くのは3月20日。場所は東日本震災から10年が経過し、復興を遂げつつある東北宮城県の松島市。近隣の地点を経て26日に福島県楢葉町...

続きを読む...

「ヴィッツ」から「ヤリス」へ 名前以上に進化した3つの注目すべきポイントとは

過去に例を見ないほどチャレンジングなモデル 2020年2月10日、トヨタ・ヤリスの販売が始まりました。1999年、前身はそれまで「スターレット」という名前のモデルが担っていたトヨタのコンパクトカーであり、エントリーモデル...

続きを読む...

3 / 65«...234...102030...»