BBSが軽さを追求したマグネシウム鍛造ホイール「FZ-MG」とは


20世紀のスーパーカーが純正装着していたマグホイール

BBS FZ-MG

かつてトヨタ2000GTやカウンタックが純正採用していたマグネシウム製ホイール。マグネシウムという素材の特徴は何といっても「軽さ」。ホイールメーカー「BBS」がリリースする「FZ-MG」は、鍛造構造と応力分散設計を施したデザインによって強さも手に入れている。BMW M4 FZ-MG

アルミ鍛造ホイールのパイオニアである「BBS」がマグネシウム鍛造ホイールという新たなる展開を始めている。
そもそも軽量ホイールを装着すると、バネ下荷重を軽くできることからサスペンションの動きがスムースになり、乗り心地の向上だけなくタイヤの路面追従性を高めるというメリットがある。一説には「バネ下1kgの軽量化はボディ10kgの軽量化に匹敵する」とも言われている。

耐腐食性をアルミホイールレベルまで高める独自技術

そう考えるとマグネシウムホイールは、まさに自動車用ホイールとして優れた製品だ。しかし、腐食しやすいという弱点も持ち合わせている。
そこでBBSは、独自技術で表面処理を行い塗膜性能をアップ。耐腐食性を向上させ、アルミ製BBS鍛造ホイールと同様の保証を付けられる品質を実現したのだ。

FZ-MG
FZ-MG
流麗なデザインとシックな2種類のカラーバリエーション

滑らかな曲線美を誇るマグネシウム鍛造ホイール「FZ-MG」は、応力分散に優れた10本クロススポーク・デザインを採用。BMW M4やレクサスRC Fといったハイパフォーマンスカーへの装着を想定した、強度と剛性を兼ね備えている。

サイズは19インチのみで、9Jと10Jを用意。それぞれに2種類のインセットを設定する全4タイプをラインアップ。カラーは、ダイヤモンドシルバーとダイヤモンドブラックの2種類。価格は、ボルト/ナット付きで35万円〜37万円(税別)。

TYPE SIZE INSET H/P.C.D PFS/BORE PRICE Without tax REAR TUNER
FZ-MG 001 19×9.0 26 5/120.0 PFS ¥378,000 ¥350,000
FZ-MG 003 19×9.0 42 5/114.3 PFS ¥378,000 ¥350,000
FZ-MG 004 19×10.0 33 5/114.3 PFS ¥399,600 ¥370,000
FZ-MG 002 19×10.0 37 5/120.0 PFS ¥399,600 ¥370,000

BBSジャパン公式ホームページ http://bbs-japan.co.jp/

【関連記事】

BBSがホイールに求める3つの定義を昇華させた「RI-A」

レイズ「G27」が当代随一の艷クルマをさらに華やかに仕立て上げる

オートサロン2016「ワーク」が新ブランド”Lanvec”とT7Rの2ピースホイールを発表