「46万km」走行のスカイラインGT-Rが秘めた驚愕の事実 (1/3ページ)


「操」を守り続けるエンジンとミッション

平成3(1991)年式・日産R32型スカイラインGT-R。今から25年前に新車で購入したオーナーが刻んだ走行距離は46万km。しかし、走行距離だけなら、もっとたくさん走っているR32型スカイラインGT-Rは存在する。IMG_1246今回取り上げるGT-Rが凄いのは、新車搭載時のエンジンやミッションといったパワーユニットを今なお、乗せ替えることなく使い続けていることだ。R32型スカイラインGT-Rでは、このような例はかなりレアなケース。このくらいの距離を走行している個体は、ほとんどがエンジン、ミッションを新しいユニットに乗せ替えている。

では、一つのユニットをここまで使い続けることができる秘訣はなんであろうか? ここでは、そのあたりも含め、オーナーとこのクルマとの付き合い方を紹介しよう。

このスカイラインGT-R(BNR32型)のオーナーである奈良県在住の浅田友昭さんと編集スタッフが出会ったのは、今から3年前のこと。大阪府門真市の「田中オートサービス」というショップの田中代表からの紹介だった。A97R5226当時の走行距離は43万1000km。22年間の平均年間走行距離は2万kmだった(それ以前に乗っていたクルマは年間2万8000kmを走行)。とにかく、この浅田さんという人物は、クルマに乗っている時間が長い。通勤に使っていたとはいえ、とても一般的なサラリーマンでは、ここまでの距離はなかなか走れない。
ただ、ここ数年は、お子さんの電車通学に付き合い、お仕事などの関係で、めっきり走行距離は伸びなくなっている。A97R5324
それでも、3年間で3万kmを走行。保存モード(クルマが傷まないように乗らない)に入るR32型スカイラインGT-Rオーナーが多い中、今でも年間1万kmを刻んでいるGT-Rオーナーは珍しい部類にはいるだろう。

自動車博物館に飾られているクルマはかわいそう

「自動車博物館とかでピカピカに磨き上げられて飾られているクルマを見ると、『かわいそうに。動かしてもらえないで』と思ってしまうのです。どんなクルマも走るために誕生したわけだけら、床の間に飾っておくものではないと考えています」と浅田さん。

以前は、通勤はもちろん、GT-Rを走らせたいから帰宅するときは遠回り。さらに家族旅行はすべてクルマ(GT-R)。公共機関を使った記憶がないというほどで、家族でスキーに行くときもGT-Rにスタッドレスタイヤを装着して行ってしまう。
通常のGT-Rオーナーなら錆の原因となる融雪剤(塩化カルシウム)の捲かれている雪道なんて、絶対に行かないはずだ(帰宅後はどんなに疲れていても下まわりを洗車する)。

A97R5098また、北海道へ家族旅行したときも、GT-Rで行ったそうだ。しかも、奈良から青森まで自走!
ちなみに奥さまは、AT限定免許のためGT-Rは運転できない。奥さん用にV36型スカイラインを所有しているのだから、それで行けば運転時間をシェアできて楽なはず。
それをしないのは、浅田さんにとってGT-Rを運転することは、移動時間ではなく自分が楽しめる大切な時間だからなのである。