チューニングカー18台が雨の富士スピードウェイで頂上決戦! (1/2ページ)


軽量ボディと4WDのトラクションを活かし
ランサーエボリューションがトップタイム

毎年に開催されている「HKSプレミアムデイ」の目玉企画である「オプション 富士スーパーラップ」。
マシンのレギュレーションは一応あるが、車種とか排気量とか一切関係なしに、「だれが一番速いのか?」という単純明快なタイムアタックだ。

2015年までは毎年1月に開催されていたが、今年は4月24日に静岡県・富士スピードウェイで開催された「モーターファンフェスタ」の一つのプログラムとなった。前日の23日にもタイム計測は行われたが、4月ということもあり、気温が高くラップタイムは伸び悩む。さらに24日は「朝方から晴れ」という天気予報に反して、スーパーラップが行われた午前8時頃は雨脚が強くなるばかりだった。
最速マシンの判定は2日間のタイムで決まるのだが、このような悪天候も重なり後日発表となった。

取り急ぎ、4月24日に走行したマシンのタイムを紹介しよう。

「エスコート」ランサーエボリューションIX
1分58秒795
A93K0632

見てのとおりボディ外板をカーボンに換装。フロントまわりの他、ドア4枚にトランクリッド、GTウイングはすべて軽量化なカーボン製で、ロールゲージでボディ剛性のアップしたマシンだ。4G63型2リットルエンジンは2.2リットルにアップ。GCG製GTX3582タービンを搭載し、過給圧2kgで最高出力は700psを発揮する。強力なダウンフォースと積極的にアクセルを踏める仕様としたハイバランスマシンだ。

「HKSレーシング」GT-R
2分1秒735_D3A4157

チューニングパーツメーカーの「HKS」が製作したワークスマシン。GT1000+キットが投入された4.1リットルエンジンは1300psを発揮。軽量化したとはいえ、他のマシンに比べるとヘビー級のボディはウェット路面でその実力を発揮しきれなかった。タイヤは横浜ゴムの新作タイヤ「アドバンA08B」を装着する。

「C&Y SPORTS」フェアレディZ
2分2秒213
A93K0342Z32型フェアレディZにトヨタ製2J型直6エンジンを搭載。ボア&ストロークアップで、排気量は3.6リットルまで拡大。ボルクワーナー製EFR9180タービンで1000psを発揮する。FRながらもトータルバランスの妙から好タイムを記録。

「Reverse」スカイラインGT-R
2分4秒415_D3A4050
搭載するRB26型直6エンジンは、2.8リットルまでアップ。HKS・VカムとGT2530タービンを搭載し、SEEDのエキゾーストなどを採用してフルチューンの720ps仕様。ミッションはゲトラグ製6速に換装。しかしエアコンなどを装備する通勤快速。